診療科・部門

画像診断・治療科

診療表

初診・
再診
  • 平井 俊範
  • 清末 一路
  • 河中 功一
    (生検・IVR)
  • 白石 慎哉
    (甲状腺・アイソトープ治療)
  • 伊牟田 真功
    (消化管)
  • 河中 功一
    (甲状腺・生検・IVR)
  • 伊牟田 真功
    (消化管)
  • 田村 吉高
    (脈管IVR)
  • 河中 功一
    (甲状腺・生検・IVR)
  • 伊牟田 真功
    (消化管)

診療科等案内

場所
  • 外来:外来診療棟・3階-L
  • 病棟:西病棟5階
診療日
月・水・金
お問い合わせ
予約
096-373-5973 受付時間:月~金 8:30~17:15
外来
096-373-5651 受付時間:外来診療日 8:30~17:15

※ただし、祝日および当院の休診日は除きます

HP
https://kumadai-radiology.jp/

スタッフと専門領域

平井 俊範
教授
画像診断 CT、MRI、IVR、中枢神経
日本医学放射線学会放射線診断専門医、IVR専門医
清末 一路
特任教授
画像診断、血管学、IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医、IVR専門医、脳神経血管内治療指導医
中浦 猛
准教授
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医
尾田 済太郎
准教授
画像診断、CT、MRI、循環器画像診断
【兼任/中央放射線部 准教授】日本医学放射線学会放射線診断専門医
河中 功一
診療講師
画像診断、CT下生検、IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医
白石 慎哉
講 師
画像診断、核医学
日本医学放射線学会放射線診断専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、PET核医学認定医、日本核医学会専門医
笹尾 明
特任講師
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医
伊牟田 真功
助 教
画像診断、消化管内視鏡
日本医学放射線学会放射線診断専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
田村 吉高
助 教
画像診断、IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医、IVR専門医、ステンドグラフト指導医、脈管専門医
福岡 博文
特任助教
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医
上谷 浩之
助 教
画像診断、中枢神経
日本医学放射線学会放射線診断専門医
永山 泰教
助 教
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医
木藤 雅文
特任助教
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医、検診マンモグラフィ読影認定医
岩下 孝弥
特任助教
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医
林 奈留美
診療助手
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、検診マンモグラフィ読影認定医
小笠原 浩司
診療助手
画像診断、CT、MRI
日本医学放射線学会放射線診断専門医
岩政 理花
診療助手
画像診断、消化管内視鏡
日本医学放射線学会放射線科専門医
髙田 千太郎
診療助手
画像診断
日本医学放射線学会放射線科専門医
内村 竜太郎
医 員
画像診断
米村 真理
医 員
画像診断
城 亜希
医 員
画像診断
林 英孝
医 員
画像診断
佐々木 剛
医 員
画像診断
大崎 琢弥
医 員
画像診断
原井 亮太
医 員
画像診断
吉田 龍也
医 員
画像診断
吉村 文博
医 員
画像診断

画像診断・治療科の特徴

画像診断・治療科では様々な疾患の画像診断を行っています。病気の診療方針を決定するにあたっては、疾患の診断、重症度評価を行う必要があり、その際に超音波やCT、MRI、核医学検査といった画像診断検査が行われます。画像診断・治療科ではこれらの画像診断を専門とする診療科で、幅広い疾患に対して先端技術を駆使した画像診断検査を行っています。

また、画像診断・治療科では画像診断技術を治療に応用した低侵襲治療(Interventional radiology:IVR)と呼ばれる先端治療にも積極的に取り組んでいます。この治療法はCTや血管造影の画像診断技術とカテーテルや穿刺針などの専用デバイスを活用することで低侵襲的に癌や血管病変の治療を行うことができます。IVR治療の効果は手術に匹敵する一方、手術と比較して患者さんの負担は小さく、治療後の回復も早いという特徴があります。このように画像診断・治療科では最新の画像診断技術を駆使して、診断のみならず様々な治療を行っています。


主な診療領域

◇中枢神経疾患 ◇頭頚部疾患 ◇乳腺疾患 ◇胸部疾患 ◇腹部疾患 ◇消化管疾患 ◇悪性腫瘍全般 ◇泌尿器・婦人科疾患全般 ◇骨軟部疾患 ◇心臓・血管性病変全般


検査・診断方法

単純X線撮影・MRI・CT・血管造影・超音波検査・核医学検査・内視鏡・消化管造影検査などを駆使してあらゆる疾患の画像診断を専門的に実施しています。稀少疾患の検査・診断も専門的な立場から行っています。CTガイド下の生検による組織診断も数多く実施しています。


治療方法

画像診断を治療に応用して、"切らないで癌やその他の疾患を治す"治療を行っています。具体的には、早期胃癌や食道癌などの内視鏡的治療、悪性腫瘍の経皮的治療(経カテーテル治療および腫瘍焼灼療法、凍結療法)、閉塞性動脈硬化症や動静脈奇形等の血管内治療(経カテーテル治療)、甲状腺癌や甲状腺機能亢進症などに対する放射線内照射療法などを実施しています。いずれも手術に比べて機能温存や低侵襲性の点で優れた成績をあげています。

診療科・部門