診療科・部門

栄養管理部

スタッフと専門領域

荒木 栄一
部 長
【兼任/糖尿病・代謝・内分泌内科 教授】病態栄養専門医、NSTコーディネーター
三島 裕子
副部長
管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士、病態栄養認定管理栄養士、糖尿病病態栄養専門管理栄養士
長瀬 博美
副室長
管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士、病態栄養認定管理栄養士、がん病態栄養専門管理栄養士、がん専門管理栄養士研修指導師、肝疾患コーディネーター
前中 あおい
主任栄養士
管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士、医療事務技能審査2級メディカルクラーク、病態栄養認定管理栄養士
吹原 美帆
栄養士
管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、病態栄養専門管理栄養士、NST専門療法士、がん病態栄養専門管理栄養士
得能 香菜子
栄養士
管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、病態栄養専門管理栄養士
堤 智子
栄養士
管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、病態栄養専門管理栄養士
梶本 瑠那
栄養士
管理栄養士
永田 菜緒
栄養士
管理栄養士
廣瀬 結衣
栄養士
管理栄養士
調理師6名

栄養管理部の特徴

昨今、患者の栄養管理が疾患の治療に重要であるという認識が高まっています。特に当院は特定機能病院としての位置づけから重症度の高い患者を受け入れており、高度な栄養治療部門と患者サービスおよび衛生管理を担うフードサービス部門を両輪としたマネジメントを実践することが求められています。栄養管理部栄養管理室は安全で満足度の高い治療食の提供はもとより、糖尿病療養指導士やNST専門療法士等の専門資格を有した管理栄養士が、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡対策チーム、緩和ケアチームの一員として、医師を中心とし看護師等コメディカルとともに各診療科に対し、診療における栄養管理の立場から活動を行っています。

また、高齢化や生活習慣病の増加に伴い、栄養食事指導を実施することで治療効果の向上、合併症の予防、栄養状態を改善し免疫力低下の防止、ひいてはQOLの改善を推進する観点から、病態栄養管理の専門家として医療現場において果たすべき役割が拡大しており、患者のみならず臨床栄養の教育的立場から地域大学生の臨地実習も担当しています。


業務領域

  • 栄養管理計画
  • 患者給食の調理および配膳
  • 患者給食の衛生管理
  • 患者給食の食数管理
  • 献立作成および栄養価算定
  • 調理材料の購入計画および検収
  • 栄養食事指導
  • NST回診
診療科・部門