熊本大学医学部附属病院
周辺地図 ENGLISH
 
診療科等のご案内
内科部門
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
腎臓内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
循環器内科
神経内科
外科部門
心臓血管外科
呼吸器外科
消化器外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
移植外科
泌尿器科
婦人科
成育医療部門
小児科
産 科
感覚・運動部門
整形外科
皮膚科
形成・再建科
眼 科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科
放射線診療部門
画像診断・治療科
放射線治療科
脳・神経・精神部門
神経精神科
脳神経外科
麻酔科
中央診療施設等
中央検査部
中央手術部
中央放射線部
集中治療部
中央材料部
リハビリテーション科
(リハビリテーション部)
病理部
輸血・細胞治療部
総合診療科
救急外来(救急・総合診療部)
感染免疫診療部
血液浄化療法部
総合臨床研修センター
光学医療診療部
治験支援センター
高度医療開発センター
地域医療連携センター
総合周産期母子医療センター
がんセンター
ME機器センター
地域医療支援センター
移植医療センター
▼院内措置の診療支援センター
肝疾患センター
アミロイドーシス
診療センター
嚥下障害診療センター
神経免疫疾患抗体センター
血栓症センター
部等
総合臨床研究部
医療情報経営企画部
薬剤部
看護部
医療技術部
栄養管理部
医療の質・安全管理部
感染制御部
その他
先進医療
セカンドオピニオン外来
緩和ケア
検査知外来
検査カフェ
禁煙外来
脳ドック
乳がん検診
不妊相談室
出生前遺伝学的検査(NIPT)
各種ご相談について
病院からのお願い
受付時間
【初診・再診完全予約制】
再 診8時30分~17時15分
各診療科の診療日および担当医

がんセンター

スタッフと専門領域

岩瀬 弘敬 がんセンター長、がん相談支援センター長
【兼任/乳腺・内分泌外科 教授】
陶山 浩一 外来化学療法センター長
【専任/がんセンター 講師】
宇宿 功市郎 がん登録センター長
【兼任/医療情報経営企画部長 教授】
山本 達郎 緩和ケアセンター長
【兼任/麻酔科 教授】
吉武 淳 緩和ケアチームリーダー
【専従/緩和ケアセンター 特任教授】

がんセンターの特徴

熊本大学医学部附属病院も、2006年8月都道府県がん診療連携拠点病院に指定され、名実ともに熊本県のがん診療の中心病院として機能していくことが求められています。そのような中、本院内に全人的な高い質のがん医療の提供を目的として2006年6月「がん診療センター」が設置(2009年5月がんセンターに改組)されました。がんセンターのミッションは①本院で集学的がん治療を実施する体制の整備、②熊本県内の各地域病院の医療従事者に対するがん治療の教育および啓発、③がん登録の実施支援であります。
2014年の厚生労働省健康局通知に基づき、これまでの緩和ケアチームから緩和ケアセンターの改組が行われました。また、それに伴い、がん相談支援センター、外来化学療法センター、がん登録センターへと名称、組織の変更が行われています。

センターの業務案内

  1. がんセンターには放射線療法、がん化学療法の三大治療に加え、内視鏡治療や分子標的治療、緩和療法や支持療法などその診療に大きな幅があり、根治・延命・QOLの向上を達成するためには、それぞれを組み合わせた集学的治療が必要です。

  2. センターの下部組織である、外来化学療法センター、がん相談支援センター、がん登録センター、緩和ケアセンターを統括しています。がんセンター内の審議機関としては、センター運営委員会によって各センターの活動状況や情報交換を進めています。さらに、外来化学療法専門委員会、院内がん登録専門委員会、がん化学療法レジメン審査専門委員会、緩和ケア専門会各部門内での検討事項について協議しています。

  3. セカンドオピニオンの提供体制:がんに関するセカンドオピニオン外来の充実を図ります。

  4. その他センターに関すること:がん治療の前進のためには新しい薬剤の開発や新しい治療法の開発などが必要ですが、そのためには治験や臨床試験が必要不可欠です。センターでは、治験支援センターや薬剤部との協力のもと、より活発に熊本からエビデンスを発信できるように、病院内で行われているがんに関する治験や臨床試験を全面的にサポートしてまいります。また、診療科を越えて遂行可能な臨床試験を立案・実行し、院内での臨床試験の活性化を促します。

外来化学療法センター

悪性腫瘍に対する化学療法の進歩により、入院ではなく外来で行えるものが多くなってきました。治療を外来で行うということは、ご家族と共に生活し、お仕事を継続できるなど、患者様の日常生活を出来るだけ維持できるという意味で重要です。我々は、外来での化学療法を「より安全に、より快適な環境で、より短い時間で」という患者様の要望に応えるために、平成18年4月から外来化学療法センター(室)を開設いたしました。
患者様にできるだけ快適に治療を受けていただくため、現在12台のベッド、6台のリクライニングシートにはそれぞれモニターを設置し、自由にテレビが視聴できるようになっています。また、BGMとしてメディカルCDによる音楽を流し、治療中の患者様がくつろいでいただける環境を用意しています。

がん相談支援センター

  1. がんに関する相談:がんに関する相談や情報提供の窓口として「がん相談支援センター」を設置しております。院内・外の患者様・ご家族および地域の方々から、がんのことやがんの治療について知りたい、今後の療養生活のことが心配であるなど、がんにかかわる全般的な質問や相談に対応いたします。 【連絡先】096-373-5676(相談受付:月~金 8:30~17:15)

  2. 熊本がんサロン及び患者会の支援:患者様・ご家族を対象に、熊本がんサロン(毎月第3火曜日10:00~12:00)/乳がん患者会(スマイリーwish3・6・9月の第2土曜日10:30~14:00まで)/乳がん悩み相談会(毎月第3土曜日13:00~15:00※日程は変更する場合があります。がん相談支援センターホームページ:http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/gansoudan/)が開催され、当センターがその支援を行います。

がん登録センター

がんセンターでは、厚生労働省が定める標準登録様式に基づく院内がん登録を実施するために、「がん登録センター」を設置いたしました。登録されたデータは集計の上、診療活動の支援、研修、教育のために役立てています。また、国立がん研究センター及び熊本県地域がん登録(2016年診断症例からは全国がん登録)事業への院内がん登録データの提出、熊本県がん診療連携協議幹事会がん登録部会への情報提供なども実施しております。

緩和ケアセンター・緩和ケアチーム

  1. 都道府県がん診療連携拠点病院である本院では、がんセンターの下に「緩和ケアセンター」を平成26年9月に設置いたしました。緩和ケアセンターは、緩和ケアチームが主体となり、専門的緩和ケアを提供する院内拠点組織として活動しております。

  2. 本院では、2006年12月から緩和ケアチーム(医師、専門・認定看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床心理士、歯科医師・歯科衛生士等)を結成し、患者様やご家族に対し早期から痛みや呼吸困難、倦怠感といった身体症状の緩和及び不安・抑うつなどの精神的苦痛の緩和やサポートを、主治医及び病棟看護師等と協力しながら行っています。

  3. 患者様やご家族の療養生活の質の維持向上のため、緩和ケアが早期から適切に行われるよう医療者への教育(医学教育・看護教育)や研究会等を開催しています。また、継続して緩和ケアが行えるよう地域の医療機関、在宅療養支援診療所及び訪問看護支援施設と連携を図っています。
    緩和ケアセンターホームページ:http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/palliativecare/

連絡先等

【電話】096-373-5799 【FAX】096-373-5720

http://www.kuh.kumamoto-u.ac.jp/cmc/

熊本大学医学部附属病院
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
電話/096-344-2111 (代表)
copyright© 熊本大学医学部附属病院 All right reserved.