熊本大学医学部附属病院
周辺地図 ENGLISH
 
診療科等のご案内
内科部門
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
腎臓内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
循環器内科
神経内科
外科部門
心臓血管外科
呼吸器外科
消化器外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
移植外科
泌尿器科
婦人科
成育医療部門
小児科
産 科
感覚・運動部門
整形外科
皮膚科
形成・再建科
眼 科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科
放射線診療部門
画像診断・治療科
放射線治療科
脳・神経・精神部門
神経精神科
脳神経外科
麻酔科
中央診療施設等
中央検査部
中央手術部
中央放射線部
集中治療部
中央材料部
リハビリテーション科
(リハビリテーション部)
病理部
輸血・細胞治療部
総合診療科
救急外来(救急・総合診療部)
感染免疫診療部
血液浄化療法部
総合臨床研修センター
光学医療診療部
治験支援センター
高度医療開発センター
地域医療連携センター
総合周産期母子医療センター
がんセンター
ME機器センター
地域医療支援センター
移植医療センター
▼院内措置の診療支援センター
肝疾患センター
アミロイドーシス
診療センター
嚥下障害診療センター
神経免疫疾患抗体センター
血栓症センター
部等
総合臨床研究部
医療情報経営企画部
薬剤部
看護部
医療技術部
栄養管理部
医療の質・安全管理部
感染制御部
その他
先進医療
セカンドオピニオン外来
緩和ケア
検査知外来
検査カフェ
禁煙外来
脳ドック
乳がん検診
不妊相談室
出生前遺伝学的検査(NIPT)
各種ご相談について
病院からのお願い
受付時間
【初診・再診完全予約制】
再 診8時30分~17時15分
各診療科の診療日および担当医

血液浄化療法部

スタッフと専門領域

西 一彦 部 長 血液浄化、腎移植

【兼任/泌尿器科 准教授】日本泌尿器科学会指導医、日本泌尿器科学会専門医、日本臨床腎移植学会 腎移植認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本がん治療認定医機構認定医、日本透析医学会指導医

村上 洋嗣 助 教 泌尿器科一般、血液浄化、腎尿路性器癌
【兼任/泌尿器科 助教】日本泌尿器科学会指導医、日本泌尿器科学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医、日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医

業務領域

当部は多岐にわたる血液浄化療法を施行しており、主たる業務内容は血液透析(HD)ですが、血液濾過(HF)・血液濾過透析(HDF)・腹膜透析導入も施行しております。また、透析導入や合併症の精査・手術治療で入院中の透析患者さんの血液透析については、症例カンファレンスを毎週実施し、各内科医や依頼科主治医と協議し、困難な条件下での血液透析療法を安全に実施しております。
血液透析以外の血液浄化療法として、①溶血性尿毒症症候群・血栓性血小板減少性紫斑病・劇症肝炎・神経疾患などに対する血漿交換療法、②クリオグロブリン血症に対するクライオフィルトレーション、③難治性ネフローゼ症候群・家族性高脂血症などに対するLDL吸着療法、④重症筋無力症などに対する免疫吸着療法、⑤炎症性消化器疾患・悪性関節リウマチに対するリンパ球除去療法など多岐にわたる血漿交換療法や吸着療法等を積極的に施行しています。急性血液浄化療法の分野では、集中治療学教室と協力し全身性炎症反応症候群や劇症肝膵疾患等に対して持続的血液浄化療法(CHDF、CHD)を行っています。腎移植や肝移植前の血液浄化療法やバスキュラーアクセス不全に対しての修復手術も実施しております。

血液浄化療法部の特徴

当部は平成14年4月より予算措置にて新設され、平成14年9月21日には新西病棟6階に移転し病床数10床、最大20名の収容人数を擁しています。粉末透析液・透析液の清浄化・アイソレーショーンユニットなどの工夫を施行し、清潔で安全な治療ができる装備を有しております。

治療内容

  1. 急性腎不全治療や慢性腎不全の患者さんの血液透析導入
  2. 各種難治性疾患(ASO、薬物中毒、免疫疾患、代謝疾患、神経疾患、敗血症ショック等)に対して病因関連物質を除去する血漿交換療法や吸着療法等の血液浄化療法を行っている。
  3. 近年血液透析患者さんの高齢化や糖尿病性腎不全の増加により透析患者さんの合併症(心血管系合併症・眼科系合併症・消化器系合併症・悪性腫瘍・感染症・シャントトラブル等)が増加しており、この合併症のスムーズな精査・手術治療の為、入院中の血液透析に内科医や主治医と協力の下積極的に取り組んでおります。その結果、本院の全診療科中91%が利用し、又困難な条件下での血液透析療法施行経験が豊富であります。
  4. 肝移植・腎移植術前の管理や血液型不適合移植時の抗体除去等の移植医療との連携も実施しています。
  5. 小児科医と協力の下、小児科領域での血液浄化療法や腹膜透析療法も実施しており、他県よりの患児(乳児〜小児)の緊急入院にも対応しており、小児腎不全への困難な治療の経験も特徴となっております。
  6. 腎不全患者さんのQOL予後改善の為に、末期腎不全治療の3本柱の一つである腎移植を、泌尿器科医と協力の下認定医が実施しております。5年生存率100%、5年生着率91%と良好な成績であります。

連絡先等

【電話】096-373-7031(西病棟6階)
熊本大学医学部附属病院
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
電話/096-344-2111 (代表)
copyright© 熊本大学医学部附属病院 All right reserved.