熊本大学医学部附属病院
周辺地図 ENGLISH
 
診療科等のご案内
内科部門
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
腎臓内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
循環器内科
神経内科
外科部門
心臓血管外科
呼吸器外科
消化器外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
移植外科
泌尿器科
婦人科
成育医療部門
小児科
産 科
感覚・運動部門
整形外科
皮膚科
形成・再建科
眼 科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科
放射線診療部門
画像診断・治療科
放射線治療科
脳・神経・精神部門
神経精神科
脳神経外科
麻酔科
中央診療施設等
中央検査部
中央手術部
中央放射線部
集中治療部
中央材料部
リハビリテーション科
(リハビリテーション部)
病理部
輸血・細胞治療部
総合診療科
救急外来(救急・総合診療部)
感染免疫診療部
血液浄化療法部
総合臨床研修センター
光学医療診療部
治験支援センター
高度医療開発センター
地域医療連携センター
総合周産期母子医療センター
がんセンター
ME機器センター
地域医療支援センター
移植医療センター
▼院内措置の診療支援センター
肝疾患センター
アミロイドーシス
診療センター
嚥下障害診療センター
神経免疫疾患抗体センター
血栓症センター
部等
総合臨床研究部
医療情報経営企画部
薬剤部
看護部
医療技術部
栄養管理部
医療の質・安全管理部
感染制御部
その他
先進医療
セカンドオピニオン外来
緩和ケア
検査知外来
検査カフェ
禁煙外来
脳ドック
乳がん検診
不妊相談室
出生前遺伝学的検査(NIPT)
各種ご相談について
病院からのお願い
受付時間
【初診・再診完全予約制】
再 診8時30分~17時15分
各診療科の診療日および担当医

高度医療開発センター

スタッフと専門領域

尹 浩信 センター長  

【兼任/皮膚科・形成再建科 教授、中央材料部 部長】

高度医療開発センターの特徴

遺伝子医療、移植医療及び病態が十分に解明されていない種々の難病の予防・診断・治療法などの開発を推進するプロジェクトを支援しています。

業務領域

高度先進医療を開発・推進するための研究・計画の実施
  1. 先端医療支援の申請受付、審査(評価)資料の作成等
  2. 経費の算定及び配分
  3. 経費の管理及び執行
  • 計画の実施に対する人的並びに経済的支援及び寄付金の募集
  • 治験・診断情報の開示
  • 講演会・講習会・セミナーの開催等
  • 診断・治療上の技術相談・指導及び共同研究の実施支援等

不整脈先端医療寄附講座

近年、頻脈性不整脈の病態解明において、三次元での心腔内興奮伝播解析が可能となってきました。不整脈先端医療講座は心臓電気生理学、循環器病態学を中心とした基盤的学問の上に臨床不整脈分野の先端的研究を行い、難治性不整脈治療の先導的役割を担う目的で設置されました。具体的な研究テーマは、1)これまでその機序が明らかにされていない難解な頻脈性不整脈の機序解明に関する研究、2)新しい心腔内電位解析装置であるNon-contact mapping system(EnSite 3000)を用いた頻脈性不整脈の適切な治療法の確立、3)致死性心室性不整脈の機序解明と、心機能低下を伴った症例でのCardiac resynchronization therapy with defibrillator(CRTD)の有用性についての検討などであります。

機能神経外科先端医療寄附講座

近年、脳深部に電極を挿入し、パルス発生装置を用いて神経核の活動を制御する脳深部刺激療法Deep Brain Stimulation(DBS)が、パーキンソン病、ジストニア、振戦などの運動異常症や難治性中枢性疼痛などの中枢神経疾患に対して画期的治療効果をもたらすことが明らかとなりつつあります。神経回路そのものの活動を電気刺激で制御することにより、運動異常や感覚異常のみならず高次脳機能にも効果を発揮し得るDBSは、基礎的分野の神経科学者からも注目されています。機能神経外科学講座は、DBSと神経変性疾患に対する再生医療を研究テーマの柱とし、近年長足の進歩を遂げつつある機能神経外科において、その先端的治療の研究及び開発を目的として設置されました。

心血管治療先端医療寄附講座

高齢化社会、メタボリック症候群の急増する社会の到来に伴い、心血管・循環器疾患の患者は飛躍的に増加しており、臨床循環器診療において、難治性の不整脈、心不全及び冠動脈疾患の治療の充実と新治療法の研究開発が急務となっています。当講座は難治性冠動脈疾患及び心不全に関する研究及び治療を担当します。冠動脈インターベンションは年間200例を超え、非常に難しい症例に対しても全国トップレベルの成績を上げています。また、平成20年1月にモービルCCUを新規導入し、循環器救急疾患の診療・教育・研究に積極的に取り組んでいます。2009年5月から心臓カテーテル室に新画像処理機能Pure Brain を搭載したFlat Panel Detector(FPD)のBiplane 装置が導入され、同時3室の心臓カテーテル室が使用できることとなり、救急患者への対応が可能となりました。

新生児学寄附講座

新生児医学の分野は、従来は産科と小児科の境界に位置してきました。しかし新生児医療が進歩するとともに新生児学は小児科学分野の中に位置づけられつつ発展し、特に米国において小児科医を主体とした重症新生児の管理を目的と
した臨床分野として今日に至っています。その一方で、わが国においては国立大学医学部における新生児医療と研究分野への取り組みが遅れており、その歴史は浅いものであります。そのような背景の中で本寄附講座はわが国の国立大学の医学研究と医学教育において先進的で重要な役割を担うと考えられます。さらに上記活動を通して、この領域における優秀な人材の育成、およびこの地域における新生児医療の充実に貢献します。

循環器予防医学先端医療寄附講座

近年重要視されている循環器予防領域の臨床研究をハイレベルで行い、日本に不足しているといわれているエビデンスを構築し、そのエビデンスを診療及び医学部の基礎、臨床教育につなげることを目標として設置されました。

消化器癌集学的治療学寄附講座

近年、少子高齢化社会を迎え、癌患者は増加の一途をたどり、年間約34万人が癌により死亡している。中でも、消化器癌は最も多く、その52%を占めている。消化器癌に対する根治的治療は手術療法であるが、最近の化学療法、分子標的治療の長足の進歩により、集学的治療により更なる治療成績向上が目指せる時代となってきた。このような状況から、手術療法を中心に化学療法、分子標的治療を加味した高度な集学的治療の実践、専門医の育成、効果予測・予後予測のバイオマーカー探索を目的とした関係機関の連携による研究を遂行するために設置されました。

乳癌分子標的治療学寄附講座

近年、晩婚や少子化そして生活様式の欧米化などから乳癌患者は増加の一途をたどり、年間約5万人が罹患し、1万人以上が死亡しています。特に、乳癌は30歳代から50歳代の女性の死亡原因の第一位であり、その対策は喫緊の課題であります。一方、乳癌にはホルモン依存性増殖、HER2依存性増殖など、他臓器の癌と比べて特異的な進展機構が存在しており、これらを標的とした治療が発展しつつあります。このような状況において、乳癌に対する更なる治療成績向上を目指して設置されました。本講座では主に、分子標的治療薬の開発、臨床応用、予後あるいは効果予測因子におけるトランスレーショナル研究、乳癌分子標的治療学に関連する専門的な医師の養成等を行います。

分子神経治療学寄附講座

免疫グロブリン治療を中心とした自己免疫関連神経疾患の治療の可能性を精力的に推進し、また本講座の疾患治療における免疫グロブリンの臨床研究成果を熊本発の新たな知見として世界に向けて発信していくことを目的としております。これまでの本領域の診療・研究は、免疫グロブリン使用の制限もあり、あまり活発とは言えなかったところを、本寄附講座の新設を契機に、診療・研究・教育が飛躍的に進展し、地域の患者のみならず、世界に情報発信できる成果が得られるものと期待されるものであります。

関節再建先端治療学寄附講座

今回の「関節再建先端治療学寄附講座」の設置目的は、退行変性を背景とする関節疾患に対する効率的で質の高い治療戦略の確立のための、病態解析、現行治療のエビデンスの検証、新たな治療の開発に関する研究を行うことを目的としております。高齢化の進行に伴い退行性関節疾患が急増していく中で、エビデンスに基づいて、効率的で質の高い治療の確立が喫緊の課題であります。本講座の設置により、当該領域の研究発展に寄与し、退行性関節疾患に苦しむ患者の治療に大きく貢献できるものと考えるものであります。

脳血管障害先端医療寄附講座

本寄付講座は独創的な発想力、探究心を育みながら、神経内科学の中でも根幹をなす脳血管障害学を中心とした基盤的学問の上に、治療が困難である根治性血管障害や遺伝性血管障害の研究、教育及び治療の先導的役割を担っていくとともに、先端医療の研究開発及び診療への応用を担っていくこととしております。

熊本大学医学部附属病院
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
電話/096-344-2111 (代表)
copyright© 熊本大学医学部附属病院 All right reserved.