熊本大学医学部附属病院
周辺地図 ENGLISH
 
診療科等のご案内
内科部門
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
腎臓内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
循環器内科
神経内科
外科部門
心臓血管外科
呼吸器外科
消化器外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
移植外科
泌尿器科
婦人科
成育医療部門
小児科
産 科
感覚・運動部門
整形外科
皮膚科
形成・再建科
眼 科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科
放射線診療部門
画像診断・治療科
放射線治療科
脳・神経・精神部門
神経精神科
脳神経外科
麻酔科
中央診療施設等
中央検査部
中央手術部
中央放射線部
集中治療部
中央材料部
リハビリテーション科
(リハビリテーション部)
病理部
輸血・細胞治療部
総合診療科
救急外来(救急・総合診療部)
感染免疫診療部
血液浄化療法部
総合臨床研修センター
光学医療診療部
治験支援センター
高度医療開発センター
地域医療連携センター
総合周産期母子医療センター
がんセンター
ME機器センター
地域医療支援センター
移植医療センター
▼院内措置の診療支援センター
肝疾患センター
アミロイドーシス
診療センター
嚥下障害診療センター
神経免疫疾患抗体センター
部等
総合臨床研究部
医療情報経営企画部
薬剤部
看護部
医療技術部
栄養管理部
医療の質・安全管理部
感染制御部
その他
先進医療
セカンドオピニオン外来
緩和ケア
検査カフェ
禁煙外来
脳ドック
乳がん検診
不妊相談室
出生前遺伝学的検査(NIPT)
各種ご相談について
病院からのお願い
受付時間
【初診・再診完全予約制】
再 診8時30分~17時15分
各診療科の診療日および担当医

眼科

診療表

 
初 診 伊藤康裕
井上俊洋
高橋枝里
芳賀彰
  福島美紀子
有村和枝
 
再 診 担当医 担当医   担当医  
特殊再診 有村和枝
芳賀彰
福島美紀子
伊藤康裕
  井上俊洋
高橋枝里
 

スタッフと専門領域

福島 美紀子 准教授 網膜疾患、糖尿病網膜症
日本眼科学会眼科専門医
伊藤 康裕 診療講師 糖尿病網膜症、未熟児網膜症
日本眼科学会眼科専門医
井上 俊洋 講 師 緑内障、神経眼科
日本眼科学会眼科専門医
有村 和枝 助 教 網膜疾患、未熟児網膜症、斜視弱視
日本眼科学会眼科専門医
髙橋 枝里 助 教 緑内障、ぶどう膜炎
日本眼科学会眼科専門医
芳賀 彰 助 教 網膜疾患、黄斑疾患
日本眼科学会眼科専門医
中島 圭一 医 員 緑内障
日本眼科学会専門医
堤 詩子 医 員  
日本眼科学会専門医
西澤 麻保 医 員  
光田 緑 医 員  
岩下 昇平 医 員  
渡邉 隆弘 医 員  
船蔵 直史 医 員  
中西 美穂 医 員  
上田 祥太郎 医 員  
下田 健文 医 員  
木村 顕俊 医 員  
前田 奈月 医 員  
小田原 敦子 医 員  
木山 優 医 員  

眼科の特徴

眼に関する疾患全般を扱っています。特に高度の手術技量と先進設備を必要とする失明性眼疾患である糖尿病網膜症、緑内障、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの治療に積極的に取り組んでおります。本院眼科では、年間約1,700件の手術を行い、特徴は網膜硝子体手術や緑内障手術の頻度が高いことが挙げられます。特に白内障手術との同時手術が多数施行されております。
また最新の先進医療としては、硝子体手術における内視鏡手術や加齢黄斑変性症に対する光線力学療法・抗VEGF療法、新しい薬物療法の開発などを導入してきました。通常の白内障手術では、外来手術にて施行することも可能です。
診断面では、光干渉網膜断層図(OCT)、前眼部OCT、デジタル眼底撮影装置などの画像診断装置を揃え、専門外来として、網膜疾患外来、糖尿病網膜症外来、神経眼科外来、斜視弱視外来、緑内障外来、ぶどう膜炎外来などがあり、専門家による最新の医療を提供しています。また、当科の理念として、積極的な地域連携を心がけており、かかりつけ医の先生方と緊密な連携により、安心いただける医療体制を構築したいと考えています。

主な診療領域

◇ぶどう膜疾患 ◇白内障 ◇網膜剥離 ◇緑内障 ◇黄斑疾患 ◇糖尿病網膜症 ◇網膜循環障害 ◇硝子体疾患 ◇斜視・弱視 ◇眼瞼疾患 ◇神経眼科

検査・診断方法

視力、視野、色覚など眼科の基本的な検査から、フルオレセイン・インドシアニングリーン蛍光眼底造影、走査レーザー検眼鏡(SLO)、光学的干渉断層計(OCT)、超音波生体顕微鏡(UBM)、多局所網膜電図(VERIS)各種視神経乳頭解析装置などの最新の検査装置を最大限に活用し、迅速で正確な診断と病態の把握に努め、治療方針の決定に役立てています。

治療方法

網膜・硝子体手術、緑内障手術を中心に、白内障・眼内レンズ手術、斜視手術など、年間1,700件を数える外科的治療の他、加齢黄斑変性に対する光線力学療法・抗VEGF療法、黄斑浮腫に対する局所ステロイド療法・抗VEGF療法など、最新の知見に基づく治療を行っています。また、視機能の回復が困難となった方に対しても、ロービジョン外来として、残存視力や視野の活用や補助具の選定のお手伝いもさせて頂いています。

お問い合わせ

096-373-5973 受付時間:月~金 8:30~17:15

096-373-5638 受付時間:外来診療日 8:30~17:15
※ただし、祝日および当院の休診日は除きます

http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/ganka/

熊本大学医学部附属病院
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
電話/096-344-2111 (代表)
   096-373-5996 (時間外受付)
copyright© 熊本大学医学部附属病院 All right reserved.