熊本大学医学部附属病院
周辺地図 ENGLISH
 
診療科等のご案内
内科部門
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
腎臓内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
循環器内科
神経内科
外科部門
心臓血管外科
呼吸器外科
消化器外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
移植外科
泌尿器科
婦人科
成育医療部門
小児科
産 科
感覚・運動部門
整形外科
皮膚科
形成・再建科
眼 科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科
放射線診療部門
画像診断・治療科
放射線治療科
脳・神経・精神部門
神経精神科
脳神経外科
麻酔科
中央診療施設等
中央検査部
中央手術部
中央放射線部
集中治療部
中央材料部
リハビリテーション科
(リハビリテーション部)
病理部
輸血・細胞治療部
総合診療科
救急外来(救急・総合診療部)
感染免疫診療部
血液浄化療法部
総合臨床研修センター
光学医療診療部
治験支援センター
高度医療開発センター
地域医療連携センター
総合周産期母子医療センター
がんセンター
ME機器センター
地域医療支援センター
移植医療センター
▼院内措置の診療支援センター
肝疾患センター
アミロイドーシス
診療センター
嚥下障害診療センター
神経免疫疾患抗体センター
部等
総合臨床研究部
医療情報経営企画部
薬剤部
看護部
医療技術部
栄養管理部
医療の質・安全管理部
感染制御部
その他
先進医療
セカンドオピニオン外来
緩和ケア
検査カフェ
禁煙外来
脳ドック
乳がん検診
不妊相談室
出生前遺伝学的検査(NIPT)
各種ご相談について
病院からのお願い
受付時間
【初診・再診完全予約制】
再 診8時30分~17時15分
各診療科の診療日および担当医

嚥下障害診療センター

スタッフと専門領域

折田 頼尚 センター長  
【兼任/耳鼻咽喉科・頭頸部外科 教授】日本耳鼻咽喉科学会専門医
熊井 良彦 准教授  
【兼任/耳鼻咽喉科・頭頸部外科 准教授】日本耳鼻咽喉科学会専門医
鮫島 靖浩 講 師  
【兼任/耳鼻咽喉科・頭頸部外科 講師】日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管食道科学会認定医、 日本アレルギー学会専門医・指導医、日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医制度暫定指導医
安東 由喜雄 教 授  
【兼任/神経内科 教授】日本神経学会専門医、日本内科学会認定医
山下 賢 准教授  
【兼任/神経内科 准教授】日本神経学会専門医、日本内科学会認定医
中島 誠 特任教授  
【兼任/神経内科 特任教授】日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本内科学会認定医
藤井 一彦 准教授  
【兼任/呼吸器内科 准教授】日本内科学会専門医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医、ICD認定医
岡本 真一郎 助 教  
【兼任/呼吸器内科 助教】日本内科学会専門医、日本呼吸器学会専門医、日本感染症学会専門医・指導医、日本医師会認定産業医、ICD認定医、抗菌化学療法指導医
田中 響 特任助教  
【兼任/神経精神科 特任助教】精神保健指定医
板橋 薫 看護師 ※技術補佐員・認知症看護専門看護師
中山 秀樹 教 授  
【兼任/歯科口腔外科 教授】日本口腔外科学会 専門医・指導医、日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医(歯科口腔外科)
福間 大喜 助 教  
【兼任/歯科口腔外科 助教】歯科医師臨床研修指導歯科医
永田 将士 特任助教  
【兼任/歯科口腔外科 特任助教】日本口腔外科学会専門医
冨口 若菜 助 教  
【兼任/リハビリテーション部 助教】日本専門医機構整形外科専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本リハビリテーション医学会専門医、身体障害者福祉法第15条指定医、日本体育協会公認スポーツドクター、義肢装具適合判定医、障がいスポーツ医
小山 雄ニ郎 医 員  
【兼任/リハビリテーション部 医員】日本整形外科学会専門医、身体障害者福祉法第15条指定医、日本リハビリテーション医学会専門医
三島 裕子 栄養士  
【兼任/栄養管理室 管理室長】管理栄養士、日本糖尿病療養指導士、NST専門栄養士
吹原 美帆 栄養士  
【兼任/栄養管理室 栄養士】管理栄養士、日本糖尿病療養指導士

嚥下障害診療センターの特徴

ものを食べることは生きてゆく上で必要な行為であると同時に生きる楽しみの一つでもあります。食べることの障害(うまく呑み込めないこと、嚥下障害)は栄養を摂取できないだけでなく、飲食物が気管に入って肺炎を起こすことがあります。それも本人や家族が気付かないうちに誤嚥を繰り返すと(不顕性誤嚥と呼びます)肺炎が重症になって死亡する原因になります。このような嚥下障害を起こす原因疾患は脳梗塞、脳出血、慢性呼吸器疾患、神経あるいは神経筋疾患など多岐にわたり、多くは高齢者に起こりやすい病気です。実際、平均寿命の延長に伴って嚥下障害や不顕性誤嚥を生じる種々の疾患が増加しつつあり、繰り返す誤嚥による誤嚥性肺炎は悪性新生物(がん)、心疾患に次いで直接死因の第3位(平成23年以後)になりました。府県別にみると熊本県の平均寿命は日本第4位であり、今後、嚥下障害と誤嚥性肺炎をきたす患者さんの増加が予想されます。
多くの診療科が担当する多岐にわたる疾患が嚥下障害を誘発する基礎疾患として存在し、嚥下障害の病態と重症度もさまざまであることから各診療科・部門が独自に嚥下障害に対応することはできません。そこで、熊大病院では、従来の診療科・部門間の垣根を取り払い各診療科・部門が共同して、患者さんごとに基礎疾患と嚥下障害の重症度・病態を把握し適切な診断治療方針を立てることのできる、診療科を横断した「嚥下障害診療センター」が平成26年4月に組織されました。
嚥下障害診療センターは4つの診療科(耳鼻咽喉科・頭頸部外科、歯科口腔外科、呼吸器内科、神経内科)と2つの診療部門(栄養管理室、リハビリテーション部)で構成されています。このように多くの診療科と部門が共同して診療にあたる体制は全国的にもほとんど存在せず、非常にユニークな取り組みです。熊本大学方式と呼べる新たな診療形態を全国に発信することを目指しています。

業務領域

  • 嚥下障害をきたす原疾患の診断と治療
  • 誤嚥性肺炎の診断と治療
  • 嚥下障害の重症度の診断
  • 嚥下障害の病態診断
  • 咬合(歯の噛み合わせ)・咀嚼機能の診断と治療
  • 嚥下障害のリハビリテーション
  • 嚥下障害の手術治療
  • 他医療機関との情報送受、連携
熊本大学医学部附属病院
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
電話/096-344-2111 (代表)
   096-373-5996 (時間外受付)
copyright© 熊本大学医学部附属病院 All right reserved.