熊本大学医学部附属病院
周辺地図 ENGLISH
 
診療科等のご案内
内科部門
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
腎臓内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
循環器内科
脳神経内科
外科部門
心臓血管外科
呼吸器外科
消化器外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
移植外科
泌尿器科
婦人科
成育医療部門
小児科
産 科
感覚・運動部門
整形外科
皮膚科
形成・再建科
眼 科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科
放射線診療部門
画像診断・治療科
放射線治療科
脳・神経・精神部門
神経精神科
脳神経外科
麻酔科
中央診療施設等
中央検査部
中央手術部
中央放射線部
集中治療部
中央材料部
リハビリテーション科
(リハビリテーション部)
病理部
輸血・細胞治療部
総合診療科
救急外来(救急・総合診療部)
感染免疫診療部
血液浄化療法部
総合臨床研修センター
光学医療診療部
治験支援センター
高度医療開発センター
地域医療連携センター
総合周産期母子医療センター
がんセンター
ME機器センター
地域医療支援センター
移植医療センター
▼院内措置の診療支援センター
肝疾患センター
アミロイドーシス
診療センター
嚥下障害診療センター
神経免疫疾患抗体センター
部等
総合臨床研究部
医療情報経営企画部
薬剤部
看護部
医療技術部
栄養管理部
医療の質・安全管理部
感染制御部
その他
先進医療
セカンドオピニオン外来
緩和ケア
検査カフェ
禁煙外来
脳ドック
乳がん検診
不妊相談室
出生前遺伝学的検査(NIPT)
各種ご相談について
病院からのお願い
受付時間
【初診・再診完全予約制】
再 診8時30分~17時15分
各診療科の診療日および担当医

膠原病内科

診療表

 
初 診 平田真哉       宮川英子
再 診 宮川英子   平田真哉
岩倉未香子
水橋
  古田梨愛
(第1、3)
辻橋みずほ
(第2、4)

スタッフと専門領域

松岡 雅雄 教 授 血液内科学、ヒトレトロウイルス学
【兼任/血液内科教授、京都大学客員教授】日本血液学会評議員、日本癌学会評議員、日本ウイルス学会評議員、日本HTLV-1学会理事、日本学術会議連携会員
平田 真哉 助 教 膠原病、リウマチ内科学
宮川 英子 医 員 膠原病、リウマチ内科学
古田 梨愛 医 員 血液疾患全般
日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医
辻橋 みずほ 医 員 血液疾患全般
日本内科学会認定内科医
岩倉 未香子 非常勤
診療医師
膠原病、リウマチ内科学
日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医

膠原病内科の特徴

当科では、全身性の自己免疫疾患である膠原病、リウマチ性疾患の診療を行っています。県内外からの紹介患者様を受け入れ、大学病院の特長である高い専門性と最新の医療機器を駆使し、臨床各科と連携することで、最新の診療を心掛けております。膠原病は病気そのものや、治療により易感染状態になることがありますが、当科では、血液内科と感染免疫診療部と併設されていることもあって、血液疾患治療や免疫不全の患者様への支持療法の経験を十分に活かした積極的な治療を行っております。
膠原病は、下記の「主な診療領域」に示した疾患の集まりです。従って、膠原病という最終診断名はありません。また、消化器や呼吸器のような特定の臓器疾患とは異なり、全身性の疾患です。発生頻度が稀な疾患も少なくありません。
膠原病の原因の多くは、自己に対する異常な免疫反応によるものです。この異常が、全身で、特に結合組織を中心に起こることを特徴としています。症状としては、発熱、関節痛、関節のこわばり、手指の腫脹、全身倦怠感、レイノー現象、口腔乾燥など様々な症状が見られます。
このように全身に様々な症状が出現することや、発生頻度が稀なことから、一般に膠原病は診断や治療が難しいことがあります。しかしながら、膠原病は正確に診断し、適切に治療すれば、多くの患者様で症状は改善され、場合によっては治癒が期待できます。
近年の膠原病領域の進歩は著しく、特に関節リウマチでは診断法や治療法が飛躍的に向上しました。診断の面では、リウマチ因子や抗CCP抗体に加えて、MRIやエコーなどを組み合わせることで早期に正確に診断することができるようになりました。治療の面では、生物学的製剤が登場してから、治療成績が画期的に進歩し、今まで不治とされていましたが、治癒も期待できるようになりました。事実、関節リウマチの治療は「care(療養)」から「cure(治癒)」へと進んできたと言われて来ています。さらに、この生物学的製剤の効果が乏しい場合にも有効なJAK阻害剤も使用されております。また、最近ではIgG4関連疾患や自己炎症症候群など新しい疾患概念も登場しています。治療の面でも、肺高圧症治療薬の登場や免疫グロブリン大量静注療法の適応拡大などで治療が進歩しています。
膠原病の代表的な治療法にはステロイド療法や免疫抑制療法などがあります。一方で、その副作用もよく知られておりますが、現在は副作用対策が進歩して、より安全に治療を受けられるようになってきています。

主な診療領域

膠原病・リウマチ性疾患、および類縁疾患全般

◇関節リウマチ ◇悪性関節リウマチ ◇全身性エリテマトーデス ◇強皮症 ◇多発性筋炎・皮膚筋炎 ◇混合性結合組織病 ◇オーバーラップ症候群 ◇抗リン脂質抗体症候群 ◇シェーグレン症候群 ◇IgG4関連疾患 ◇結節性多発動脈炎 ◇アレルギー性肉芽腫性血管炎 ◇肉芽腫性血管炎 ◇顕微鏡的多発血管炎 ◇大動脈炎症候群(高安動脈炎) ◇成人発症スティル病 ◇側頭動脈炎 ◇リウマチ性多発筋痛症 ◇ベーチェット病 ◇強直性脊椎炎 ◇RS3PE症候群 ◇サルコイドーシス ◇痛風 など

検査・診断方法

検査所見も重要ですが、実際に患者様からよく問診、理学所見をとることが最も重要だと考えております。当科では紹介状の内容や患者様に記入していただく問診票を大変参考にしております。初発症状や症状が一日の中でいつ強いか、発熱はあるか、関節痛はあればどの部位なのか、左右対称性であるかなどで、検査をする前に疾患を絞り込むことができます。次に、一般的な血液像、血液生化学検査、炎症反応等でさらに疾患を絞り込み、各種自己抗体検査を組み合わせて施行しております。さらに病態に応じてレントゲンやCT、MRI、エコー、RI検査など画像検査を施行しています。疾患、病態ごとに最も適切な検査を迅速に行い、速やかに診断、治療に至ることができるように努めています。

治療方法

関節リウマチ

近年、新しい抗リウマチ薬の登場により、治療法が劇的に変化しています。これにより、単に痛みをとることではなく、これまでは到達が難しかった「寛解」すなわち関節リウマチという病気の活動性・炎症を抑え、関節の破壊を防ぐことが目標とできる時代になってきました。
当科でも、関節リウマチに対する厳格な治療を目指した「Treat to Target(T2T)」に基づいた治療を進めています。具体的には早期からメソトレキセートを中心とした抗リウマチ薬を積極的に用いて、発症後、可能な限り短期間で「寛解」を得られるように努めています。これらの治療に抵抗性の場合には、適切な時期に患者様の病態に合った生物学的製剤を選択して導入しています。また、関節の腫脹や疼痛などの症状の軽減には即効性の高いNSAIDsや少量のステロイドを用いて、苦痛の軽減を図っています。
一方で、これらの薬剤には様々な副作用が発現する可能性が知られております。しかし、当科で培った豊富な経験を生かして、副作用の予防と早期発見に努めて、患者様に安全な医療を提供することができるようにスタッフ一同日々研鑽を重ねています。

全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、皮膚筋炎、血管炎症候群など

重症度を評価した上で、適正な量のステロイド療法、免疫抑制剤を選択・併用します。これらの副作用として感染症の合併がありますが、血液疾患治療や免疫不全の患者様への支持療法の経験を生かして積極的な治療を行っています。ステロイド療法は治療効果が高いのですが、様々な副作用があります。その中でも高率に発生する、胃潰瘍、骨粗鬆などに対して予防的治療を施行しております。挙児希望の方や妊娠された方には本人と胎児への影響を考慮し薬剤の選択をいたします。

ベーチェット病

症状により、NSAID、コルヒチン、免疫抑制剤、必要な場合にはステロイドや生物学的製剤を選択、併用します。眼症状に対しても眼科と密接に連携して治療を行っています。

お問い合わせ

096-373-5973 受付時間:月~金 8:30~17:15


096-373-5540 受付時間:外来診療日 8:30~17:15
※ただし、祝日および当院の休診日は除きます


http://2naika.jp

熊本大学医学部附属病院
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
電話/096-344-2111 (代表)
   096-373-5996 (時間外受付)
copyright© 熊本大学医学部附属病院 All right reserved.