熊本大学医学部附属病院
周辺地図 ENGLISH
 
診療科等のご案内
内科部門
呼吸器内科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
腎臓内科
糖尿病・代謝・内分泌内科
循環器内科
脳神経内科
外科部門
心臓血管外科
呼吸器外科
消化器外科
乳腺・内分泌外科
小児外科
移植外科
泌尿器科
婦人科
成育医療部門
小児科
産 科
感覚・運動部門
整形外科
皮膚科
形成・再建科
眼 科
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
歯科口腔外科
放射線診療部門
画像診断・治療科
放射線治療科
脳・神経・精神部門
神経精神科
脳神経外科
麻酔科
中央診療施設等
中央検査部
中央手術部
中央放射線部
集中治療部
中央材料部
リハビリテーション科
(リハビリテーション部)
病理部
輸血・細胞治療部
総合診療科
救急外来(救急・総合診療部)
感染免疫診療部
血液浄化療法部
総合臨床研修センター
光学医療診療部
治験支援センター
高度医療開発センター
地域医療連携センター
総合周産期母子医療センター
がんセンター
ME機器センター
地域医療支援センター
移植医療センター
▼院内措置の診療支援センター
肝疾患センター
アミロイドーシス
診療センター
嚥下障害診療センター
神経免疫疾患抗体センター
部等
総合臨床研究部
医療情報経営企画部
薬剤部
看護部
医療技術部
栄養管理部
医療の質・安全管理部
感染制御部
その他
先進医療
セカンドオピニオン外来
緩和ケア
検査カフェ
禁煙外来
脳ドック
乳がん検診
不妊相談室
出生前遺伝学的検査(NIPT)
各種ご相談について
病院からのお願い
受付時間
【初診・再診完全予約制】
再 診8時30分~17時15分
各診療科の診療日および担当医

感染制御部

スタッフと専門領域

野坂 生郷 部長 成人T細胞白血病、悪性リンパ腫、HTLV-1感染症、院内感染制御
【兼任/血液内科 准教授 感染免疫診療部 部長】日本内科学会認定内科医、日本内科学会指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会認定血液専門医、日本血液学会認定血液指導医、日本がん治療認定医機構認定医、インフェクションコントロールドクター、日本輸血細胞治療学会認定医、抗菌薬適正使用認定医、がん薬物療法専門医、日本血液学会評議員
宮川 寿一 副部長 免疫不全、HIV感染症、感染症、院内感染制御
日本内科学会認定内科医、日本内科学会指導医、日本感染症学会専門医、日本感染症学会指導医、インフェクションコントロールドクター、抗菌化学療法指導医、日本エイズ学会指導医、日本血液学会認定血液専門医、日本血液学会認定指導医、日本内科学会総合内科専門医
中田 浩智 講 師 免疫不全、HIV感染症、感染症、院内感染制御
日本内科学会認定内科医、インフェクションコントロールドクター、抗菌化学療法指導医、日本エイズ学会認定指導医、日本感染症学会認定感染症専門医、日本血液学会認定血液専門医、日本内科学会総合内科専門医
岡本 真一郎 助 教 呼吸器内科、感染症、院内感染制御、びまん性肺疾患
日本内科学会総合内科専門医・内科指導医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本感染症学会専門医・指導医、インフェクションコントロールドクター、抗菌化学療法認定医・指導医、身体障害者福祉法指定医、認定産業医
松田 貴恵子 看護師長
 
藤本 陽子 副看護師長 感染管理認定看護師
吉田 真由美 看護師 感染管理認定看護師
尾田 一貴 薬剤師 感染制御専門薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師
片野田 朋美 薬剤師 感染制御認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師
山本 景一 臨床検査技師  
福嶋 理香 臨床検査技師  
前田 ひとみ 教授 感染防御看護学、インフェクションコントロールドクター
【兼任/生命科学研究部 保健学系 教授】

感染制御部の特徴

医療関連感染対策は、安心・安全な医療を提供するために欠かすことのできない医療基盤のひとつです。医療関連感染とは、以前は院内感染といわれていましたが、外来治療、長期療養施設、在宅療養など、医療を受ける場所・機会の拡大に伴い、医療施設で起きるすべての感染を医療関連感染と表現するようになりました。特に当院のように高度な先進医療を行っている施設では、多くの患者様が易感染状態となるため、医療関連感染をいかに防ぐかが治療の成否に関わってきます。そのためには衛生的な環境を整備し、手指衛生など一定のルールに基づいた感染防止対策を実行し、いったん感染症が発生しても院内に広がらないような最善策を講じるなどの対応が必要となります。このような体制を整備し、維持・発展させていくためには従来の組織では不十分となり、平成28年度より新たに感染制御部が発足しました。
感染制御部は、感染症や感染管理に関する専門的知識・資格および経験を有する医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師など多職種から構成され、下記に示すような様々な業務を行っています。特に最近では、WHO(世界保健機構)や日本政府が進めている薬剤耐性防止アクションプランに対応するために、抗菌薬適正使用推進プログラム(Antimicrobial Stewardship Program)をスタートさせております。ASPは、主治医が抗菌薬を使用する際、最大限の治療効果を導くと同時に、有害事象をできるだけ最小限にとどめ、いち早く感染症治療が完了できる(最適化する)ように支援を行なうことを目的として、抗菌薬使用に関する診療科からのコンサルテーションも積極的に受け入れるなど、感染症治療の支援を強化していきたいと考えます。

業務領域

  1. 医療関連感染対策の基本方針の立案に係ること。
  2. 医療関連感染対策の教育の立案と実践に係ること。
  3. インフェクションコントロールチームの業務に係ること。
  4. 医療関連感染対策の実施状況調査及び見直しに係ること。
  5. 医療関連感染対策や感染症治療へのコンサルテーションに係ること。
  6. 抗菌薬適正使用推進プログラム(Antimicrobial Stewardship Program)の構築と運用に係ること。
  7. 地域の他施設との医療関連感染対策に係ること。
  8. 職業感染対策に係ること。
  9. ファシリティ・マネジメント(環境管理)に係ること。
  10. その他医療関連感染対策に係る必要な事項。
熊本大学医学部附属病院
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
電話/096-344-2111 (代表)
   096-373-5996 (時間外受付)
copyright© 熊本大学医学部附属病院 All right reserved.