平成30年度 熊本大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 954 477 415 803 1335 2169 4238 4100 1972 183
当院は、熊本県下唯一の特定機能病院として最新医療の研究や医師の育成を担うとともに、患者さんに高度な医療を提供しています。
当院患者さんの年齢分布は、60代・70代が最も多く、全体の約50%を占め、次いで50代、80代、40代が多く分布しています。
そのほか、当院は総合周産期母子医療センターの指定を受けており、NICU等の充実により、0歳代の患者さんも多数入院されています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支ファイバースコピー等 処置2なし 139 3.96 3.43 2.16 71.05
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 107 10.61 10 0 68.36
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 65 17.35 19.06 18.46 68.78
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 42 9.83 14.58 23.81 70.4
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病:肺炎等 33 11.55 10.62 0 64.58
呼吸器内科では、肺癌の早期診断と抗癌化学療法・分子標的治療等を実施しています。
手術可能な症例は本院の呼吸器外科との密な連携で治療にあたります。 
また、びまん性肺疾患、肺線維症について、気管支鏡検査、気管支肺胞洗浄、胸腔鏡下肺生検などを行い、正しい診断と
治療方針を決定した上で治療を行っています。

昨年度多かった入院治療は、肺の悪性腫瘍に対する検査入院(在院3日前後)、肺悪性腫瘍(化学療法)(在院10日前後)、
間質性肺炎(在院17日前後)、肺の悪性腫瘍(手術・化学療法なし)(在院9日前後)、肺の悪性腫瘍(化学療法あり)
(在院13日前後)となっております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 182 3.08 2.67 0.55 64.34
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 116 11.16 10.42 5.17 71.95
060050xx99x40x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 98 14.3 11.26 3.06 68.73
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍 内視鏡的食道粘膜切除術等 処置2なし 副傷病なし 86 7.85 9.03 0 69.36
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 78 8.03 8.52 0 72.96
消化器内科では、食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝胆膵などのすべての消化器領域を網羅し、臨床経験豊富な専門医が検査や
診療にあたっております。
具体的には、超音波内視鏡、拡大内視鏡、小腸内視鏡、胆道内視鏡、カプセル内視鏡などの特殊内視鏡検査による精密診断、
内視鏡的ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、内視鏡的乳頭括約筋切開術
(EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)食道胃静脈瘤硬化療法・結紮術等の先端的な内視鏡的治療、原発性肝癌
に対するラジオ波焼灼術(RFA)、肝動脈塞栓術、リザーバー動注化学療法などを駆使した最新治療、慢性肝炎に対する
抗ウイルス療法、難治性消化器癌への抗癌剤治療、炎症性腸疾患の免疫抑制療法などに精力的に取り組んでいます。

昨年度多かった入院治療は、小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(在院3日前後)、
肝・肝内胆管悪性腫瘍に対する血管塞栓術(在院11日前後)、肝・肝内胆管悪性腫瘍に対する化学療法(在院14日前後)、
食道の悪性腫瘍に対する内視鏡的食道粘膜切除術(在院7日前後)、胃悪性腫瘍の内視鏡的胃粘膜切除術(在院8日前後)
となっております。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 139 16.49 16.17 5.04 66.35
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 副傷病なし 42 16.98 17.1 14.29 62.29
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 その他の手術(輸血等) 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 41 28.61 32.36 9.76 65.32
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 その他の手術(輸血等) 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 35 29.29 32.83 0 63.94
130010xx97x2xx 急性白血病 その他の手術(輸血等) 処置2:化学療法(2) 33 33.06 40.13 3.03 50.94
血液内科では、さまざまな血液悪性腫瘍の診断・治療を行っており、急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫や
成人T細胞白血病の治療などに力を入れています。
また、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫などに対して、平成7年度から自家末梢血幹細胞移植を行っており、平成24年度から
白血病をはじめとするさまざまな血液疾患に対して同種造血幹細胞移植を開始しております。

昨年度多かった入院治療は、非ホジキンリンパ腫に対する化学療法の入院です。在院日数は、リツキサン治療(16日前後)、
その他の化学療法(16日前後)、輸血+リツキサン治療(28日前後)、輸血+化学療法(29日前後)です。
また、急性白血病に対する輸血+化学療法(33日前後)の治療等にも取り組んでおります。
リウマチ科(膠原病内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 処置2なし 副傷病なし 51 18.49 15.58 3.92 51.12
070560xx99x01x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 処置2なし 副傷病:その他の真菌感染症等 11 18.27 27.21 18.18 50.91
070560xx97x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 その他の手術 処置2なし 副傷病なし - - 27.07 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
膠原病内科では、全身性の自己免疫疾患である膠原病、リウマチ性疾患等の診療を行っています。近年の膠原病領域の進歩は
著しく、特に関節リウマチでは診断法や治療法が飛躍的に向上しました。診断面では、リウマチ因子や抗CCP抗体検査に加え、
MRIやエコーなどを組み合わせることで、早期に正確に行えるようになりました。
治療面では、治療効果の高い生物学的製剤を導入し、また、この生物学的製剤の効果が乏しい場合にも有効なJAK阻害剤
を使用しています。このほか、肺高圧症治療薬による治療や免疫グロブリン大量静注療法にも取り組んでいます。

昨年度多かった入院治療は、全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患(ループス腎炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性
肉芽腫症等)(在院18日前後)、全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患(在院18日前後)となっています。

(昨年度年間件数10件未満のDPCに係るデータは、表示を省略(-)しています。)
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 102 8.74 12.05 3.92 53.29
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1:経皮的針生検法 副傷病なし 43 9.21 7.18 0 49.35
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 処置2なし 21 28.33 21.4 4.76 59
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2:腹膜灌流 連続携行式腹膜灌流(2) 副傷病なし 21 8.9 8.77 0 64.62
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 処置2:人工腎臓(1) 19 46.21 35.72 10.53 60
腎臓内科では、腎炎・ネフローゼ、腎不全、高血圧、電解質異常など、腎疾患全般の専門総合診療を担当しています。
血尿・蛋白尿や腎機能低下がある場合には、疾患の経過、腎機能、尿蛋白量を評価し、腎生検による確定診断と治療方針の決定を
行っています。
腎生検の組織で疾患活動性が高い場合には、Evidence-Based Medicine に基づいたステロイド療法、エンドキサンパルス
療法やシクロスポリンなどの免疫抑制剤の投与、さらに必要に応じて透析治療(血液透析、腹膜透析)や、血液中の原因物質を
除去する血液吸着療法・血漿交換療法を行うなど、個々の症例にあわせた治療選択を行っています。

昨年度多かった入院治療は、慢性腎炎症候群等(在院8日前後)、同経皮的針生検による検査入院(在院9日前後)、
ネフローゼ症候群(在院28日前後)、慢性腎炎症候群等(腹膜灌流実施)(在院8日前後)、慢性腎炎症候群等
に係る動脈形成手術(在院46日前後)となっています。
代謝内科(糖尿病・代謝・内分泌内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1:副腎静脈サンプリング 50 4.38 4.02 0 51.5
100070xx99x100 2型糖尿病(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2:インスリン製剤(注射薬に限る)(1) 副傷病なし 85歳未満 50 12.64 13.9 6 64.42
100120xx99xxxx 肥満症 手術なし 29 13.86 16.28 3.45 44.14
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 副傷病なし 29 6.24 6.35 3.45 59.69
100070xx99x110 2型糖尿病(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2:インスリン製剤(注射薬に限る)(1) 副傷病:認知症等 85歳未満 22 13.18 15.51 9.09 63.82
糖尿病・代謝・内分泌内科では、代謝疾患及び内分泌疾患について診療を行っています。
糖尿病については病型・病期に応じた血糖コントロールを行うとともに、網膜症・腎症・神経障害などの最小血管や
大血管合併症の検査、神経伝導速度・自律神経検査、眼底検査、尿中マイクロアルブミン検査、頚動脈超音波検査、
血圧脈波検査などにより総合的な合併症の評価と治療を行っています。
内分泌疾患についても下垂体、甲状腺、副腎などの疾患に対し、各種負荷試験や画像検査を実施し専門診療を行っています。
また、外科的治療が必要な場合には専門診療科と連携して適切な治療を行います。

昨年度特に多かった入院治療は、副腎皮質機能亢進症(副腎静脈サンプリング)(在院4日前後)、2型糖尿病
(在院12~13日前後)、肥満症(在院13日前後)、副腎皮質機能亢進症に対する検査入院(在院6日前後)となっております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 処置2なし 266 5.49 5.15 0.75 63.59
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 203 4.84 4.47 2.96 71.05
050080xx99100x 弁膜症 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 64 5.66 5.81 3.13 74.64
050210xx97000x 徐脈性不整脈 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 61 11.15 11.01 8.2 74.41
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 60 4.2 3.01 0 70.33
循環器内科では、あらゆる心血管疾患を幅広く診療します。
たとえば、狭心症や心不全に対して画像・最新機器を駆使したカテーテル治療を、心不全には補助人工心臓、インペラ、
心臓再同期療法、移植など集学的心不全治療を実施し、それぞれ専門性の高い高度な先進医療を行います。
また、2017年より内科・外科合同の「心臓血管センター」を設置し、ドクターカー、ドクターヘリによる循環器救急医療を展開し、
多くの命を救っています。

昨年度多かった入院治療は、頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(在院5日前後)、狭心症・慢性虚血性疾患に
対する経皮的冠動脈形成術等(在院4日前後)、弁膜症(心臓カテーテル法による諸検査)(在院5日前後)、徐脈性不整脈に
対するペースメーカー植込術・交換術、植込型除細動器交換術等(在院11日前後)、狭心症・慢性虚血性疾患に対する
心臓カテーテル検査(在院4日前後)となっております。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 処置2なし 副傷病なし 33 14.64 13.66 3.03 66.12
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 処置2:ガンマグロブリン(4) 副傷病なし 33 20.7 16.16 9.09 53.42
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 処置2:SPECT等 副傷病なし 30 16.43 19.73 16.67 70.4
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 処置2:SPECT等 副傷病なし 28 17.61 16.98 3.57 62.54
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 処置2なし 副傷病なし 25 18.12 15.58 32 58.76
脳神経内科では、家族性アミロイドポリニューロパチー、脳梗塞、運動ニューロン疾患、てんかん、片頭痛、パーキンソン病、
アルツハイマー病、脳炎・髄膜炎、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性筋炎といった脳神経内科疾患に加え、甲状腺疾患、
膠原病、糖尿病などの一般内科疾患に伴う神経合併症などの診断と治療も行っています。
入院診療においては、関連病院では対応困難な難治例も積極的に受け入れ、治療に取り組んでいます。

具体的には、脳梗塞超急性期に対する血栓溶解療法/血管内治療、ギラン・バレー症候群や多発性硬化症などの神経免疫の重症例に
対する免疫グロブリン大量注射や血液浄化療法を行っています。家族性アミロイドポリニューロパチーに対しては、移植外科と連携して
肝移植を行っており、重症筋無力症に対しては、ステロイド療法に加え、呼吸器外科と連携した拡大胸腺摘出術などの治療を
行っています。

昨年度多かった入院治療は、運動ニューロン疾患等の検査入院(在院14日前後)、免疫介在性・炎症性ニューロパチーに対する
ガンマグロブリン投与(在院20日前後)、パーキンソン病に対するSPECT検査(在院16日程度)、基底核等の変性疾患に対する
SPECT検査等(在院17日前後)、全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患(シェーグレン症候群、多発性筋炎等の検査入院)
(在院18日前後)となっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症 弁置換術等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 副傷病なし 77 19.71 24 83.12 69.36
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2:中心静脈注射等(1) 副傷病なし 25 13.48 16.06 40 80
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 24 24.42 22.91 79.17 71.88
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術 腹部大動脈等 処置2:中心静脈注射等(1) 副傷病なし 15 18.27 20.61 40 70.67
14031xx003x0xx 先天性心疾患 1歳以上 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 処置2なし 14 15.14 14.68 0 8.29
心臓血管外科では、虚血性心疾患、心臓弁膜症、先天性心疾患、不整脈、大動脈疾患、末梢血管に対する外科治療を
行っています。
当科の特徴としては、高度の外科治療技術で質の高い治療を行うとともに、多くの診療科を有する熊本大学病院ならではの
総合力で、他疾患を合併した重症例に対しても安全な治療を行っています。

狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈バイパス手術では、人工心肺を使用しない心拍動下バイパス術を積極的に行い早期退院、
早期社会復帰に努めています。
心臓弁膜症に対しては、自己弁を温存する弁形成術や患者様の生活スタイルに合った人工弁置換術を行います。
また、胸部大動脈瘤に対するステント付き人工血管を用いた外科手術や低侵襲血管内治療、腹部大動脈瘤や末梢動脈瘤に
対する人工血管置換術や低侵襲血管内治療、動脈閉塞症に対するバイパス手術など、最新の知見に基づいた治療を行います。

昨年度多かった入院治療は、弁膜症に対する弁置換手術(在院19日前後)、非破裂性大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術
(在院13日前後)、狭心症に対する心室瘤切除術 (在院24日前後)、非破裂性大動脈瘤に対する大動脈瘤切除術
(在院18日前後)、先天性心疾患に対する心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等(在院15日前後)となっております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 270 11.48 11.87 4.07 67.86
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 その他の手術 12 7 8.66 0 52.58
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 11 10 31.09 0 67.91
- - - - - - -
- - - - - - -
呼吸器外科では、年間300例以上の手術を行っており、そのうち約50%を胸腔鏡という内視鏡を用いることで手術による
ダメージを少なくし、痛みを軽減しています。肺癌においては区域切除で手術のダメージを少なくしています。
また1cm以下の小さな肺の病変でも胸腔鏡による肺生検で、100% の診断率を達成しています。
一方、周囲に浸潤する進行肺癌に対しても、可能であれば積極的に周囲臓器の合併切除に取り組んでいます。

昨年度多かった入院治療は、肺悪性腫瘍手術(在院11日前後)、縦隔良性腫瘍手術(在院7日前後)、
肺・縦隔の感染、膿瘍形成 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 (在院10日前後)となっております。

(昨年度年間件数10件未満のDPCに係るデータは、表示を省略(-)しています。)
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 96 9.45 10.42 0 74.62
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 87 10.46 9.58 6.9 64.7
060010xx99x41x 食道の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病:肺炎等 63 14.57 17.06 12.7 65.44
060010xx01x0xx 食道の悪性腫瘍 食道悪性腫瘍手術等 処置2なし 52 27.38 27.17 40.38 66.42
060050xx02x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 肝切除術 部分切除等 処置2なし 副傷病なし 52 14.19 13.92 13.46 67.6
消化器外科では、消化管、肝臓、膵胆の各領域の専門医がそれぞれの手術や術前後の化学療法を提供しています。

食道癌、胃癌、大腸癌に対してはその進行度に応じて内視鏡的粘膜切除、内視鏡下手術、拡大手術を行っており、
必要に応じて化学療法や放射線療法も行い、質の高い医療を提供しています。
昨年度多かった入院治療は、食道悪性腫瘍の化学療法(在院10~14日程度)、食道悪性腫瘍手術等
(在院27日前後)となっています。

肝癌の治療では肝切除術、鏡視下手術、ラジオ波凝固療法、肝動脈化学塞栓療法を癌の進行度と肝予備能の両面から
適切に選択しています。
昨年度特に多かった入院治療は、肝・肝内胆管悪性腫瘍に対する血管塞栓術(在院9日前後)、肝部分切除術
(在院14日前後)となっています。

難治癌である膵癌・胆道癌に対しては、厳密な術前評価のもと、積極的でかつ安全な切除を行っています。
切除不能な進行癌に対しては、消化器内科、放射線治療科と協力して、集学的治療を取り入れています。
乳腺外科(乳腺・内分泌外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 109 9.71 10.59 7.34 59.92
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 69 7.22 6.23 1.45 65.03
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 処置1なし 63 6.79 8.68 1.59 56.08
100130xx97x0xx 甲状腺の良性結節 その他の手術 処置2なし 21 6.81 7.49 9.52 60.05
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし 15 4.6 8.37 13.33 66
乳腺・内分泌外科では、乳癌をはじめとした乳腺疾患の診断、手術、薬物療法を中心として、内分泌臓器である甲状腺、
副甲状腺の外科的治療を担当しています。

特に乳癌では根治性を損なわないように手術療法を縮小化する方向にあり、整容性にすぐれた乳房温存手術とセンチネル
(見張り)リンパ生検による腋窩リンパ節郭清の省略が可能です。また、「画像ガイド下組織吸引装置」による生検を数多く
経験しており、非触知の微細石灰化病巣に対しても確実な診断が可能です。薬物療法の経験は豊富であり、ガイドラインに
準拠した化学療法、ホルモン療法、分子標的治療を行っています。

甲状腺、副甲状腺疾患の外科治療については出来るだけ創を小さくし、形成外科的な処置を行うことで美容的、機能的にも
優れた方法で行っています。

昨年度多かった入院治療は、乳房・乳腺悪性腫瘍に対する乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの:在院7日前後
/腋窩部郭清を伴うもの:在院9日前後)、甲状腺悪性腫瘍切除術(在院6日程度)、
甲状腺の良性結節 甲状腺部分切除術、甲状腺摘出術(片葉)(在院6日程度)、乳房の悪性腫瘍に対する検査入院
(在院4日前後)となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 68 6.53 6.17 13.24 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 1500g以上2500g未満 手術なし 処置2なし 28 8.18 11.32 64.29 0
140500xx99x1xx 骨軟骨先天性形成異常 手術なし 処置2:アレディア 22 3.05 4.19 0 6.14
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 処置2なし 20 15.1 21.4 0 7.8
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 1500g以上2500g未満 手術なし 処置2:中心静脈注射等(1) 19 14.84 22.18 57.89 0
小児科では、一般的な小児疾患、血液疾患、代謝内分泌疾患、小児癌、小児難病のほか発達障害をお持ちのお子様の
サポートや新生児の医療に取り組んでいます。
特に本院は総合周産期母子医療センターの指定を受けており、新生児集中治療室(NICU)や新生児治療回復室
(GCU)等充実した環境の中、専門医による治療を提供しています。

昨年度多かったDPC入院実績は、新生児は体重2500g以上(在院6日前後)、1500g以上2500g未満
(在院8日前後)、同中心静脈注射あり(14日前後)、小児は骨軟骨先天性形成異常に対するアレディア
投与(在院3日前後)、ネフローゼ症候群に対する検査入院(在院15日前後)となっています。
移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx99x00x 胆管結石、胆管炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 19 4.63 9.81 0 34.63
060570xx97xxxx その他の消化管の障害 手術あり 17 8.76 14.25 5.88 54.53
060300xx99x00x 肝硬変 手術なし 処置2なし 副傷病なし 13 4.77 12.15 0 59.23
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 10 10.9 10.08 0 46.1
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 - - 15.01 - -
移植外科では、生体・脳死肝移植を主な担当領域としています。
年間、20例以上の生体肝移植を実施しており、九州圏内はもとより、国内でも有数の生体肝移植専門施設
となっています。
また、脳死肝移植・脳死小腸移植実施施設にも認定されており、臓器移植ネットワークへの登録に関するご相談、
脳死移植についてのご相談も承ります。

※上記統計について、肝移植手術についてはDPCの対象ではないために実施件数が計上されておりません。
このため、術後定期検査入院等の症例に係る数値が計上されています。

(昨年度年間件数10件未満のDPCに係るデータは、表示を省略(-)しています。)
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア 15歳未満 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 34 3 2.82 0 4.03
140460xx99x0xx 胆道の先天異常(閉鎖症) 手術なし 処置2なし 18 4.44 4.92 0 13.39
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 14 3 3.14 0 3.79
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 12 3.92 8.26 0 8.25
060570xx97xxxx その他の消化管の障害 手術あり 11 6.27 14.25 0 47.09
小児外科担当医師が生体肝移植を行う移植外科医師を兼ねており、胆道閉鎖症など小児の肝胆道系の疾患を、たとえ
肝移植が必要な状態となっても当院で対応できる日本でも数少ない診療科です。

もちろん、肝移植だけでなく、一般の小児肝胆道系疾患、小児がんと言われる小児の悪性腫瘍の外科手術を伝統的に多く
診療してきており、その経験の蓄積があります。その他、そけいヘルニア、臍ヘルニア、小児の虫垂炎、痔瘻、頑固な便秘など
一般的な病気も、小児外科専門の医師が最新の知識と技術をもとに治療いたします。

昨年度多かった入院治療は、15歳未満の鼠径ヘルニア手術(在院3日前後)、胆道の先天異常(閉鎖症) に対する検査入院
(在院4日前後)、停留精巣に対する手術(在院3日前後)、閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニアに対する手術(在院3日前後)、
術後胆管狭窄に対する内視鏡的胆道拡張術(在院6日前後)となっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 66 12.77 12.63 0 66.97
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2:化学療法(2) 副傷病なし 59 7.86 7.4 5.08 74.32
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:前立腺針生検法 副傷病なし 58 2.86 2.53 0 69.21
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 処置2なし 45 10.98 11.5 6.67 64.13
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2:化学療法(2) 副傷病なし 29 19.31 10.97 0 70.69
泌尿器科では、腎・尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)と男性生殖器(前立腺、精巣、陰茎)の悪性腫瘍を
診断治療の柱とし、癌種やその病態に応じて手術療法・化学療法・放射線療法・免疫療法・分子標的治療等の
治療法を組み合わせ、集学的な最新の治療を心掛けています。新規薬剤の治療にも積極的に対応しています。
また、患者様のQOL を重視し、低侵襲治療として腹腔鏡手術やその他の内視鏡手術を積極的に導入しており、
癌治療だけでなく腎移植にも応用しています。

特徴的な治療として、前立腺癌に対しては、年齢・性機能・病理結果・病期(ステージ)等に応じて、
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RARP)(リンパ節郭清、性機能温存・非温存)、
強度変調放射線治療(IMRT)(放射線科と連携)、ホルモン療法、抗がん剤治療等を行い、患者様の
希望も取り入れながら、きめ細かな治療を心掛けています。
腎癌に対しては、低侵襲治療として腹腔鏡下手術はもちろんのこと、小径腎癌に対しては、根治性を損なわずに
腎機能温存にも配慮したロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術(RAPN)を行っています。進行例には分子標的薬や
免疫チェックポイント阻害薬を用いた薬物治療を行っています。
浸潤性膀胱癌に対しては積極的に腹腔鏡下膀胱全摘出を行い、2018年度からはロボット支援腹腔鏡下膀胱
全摘出術(RARC)も開始しています。腎盂尿管癌に対しては、低侵襲治療として腹腔鏡下及び後腹膜腔鏡下
腎尿管全摘術を積極的に行っています。膀胱癌や腎盂尿管癌の進行例が抗がん剤治療に抵抗性の場合には
免疫チェックポイント阻害薬を用いた治療を積極的に行っています。

昨年度多かった入院治療は、前立腺悪性腫瘍手術(在院13日前後)、膀胱悪性腫瘍経尿道的手術及び
化学療法(在院8日程度)、前立腺悪性腫瘍検査入院(在院3日前後)、腎(尿管)悪性腫瘍手術(在院11日
程度)、膀胱悪性腫瘍化学療法(在院20日前後)となっています。
産婦人科(婦人科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 273 3.15 4.85 0 57.71
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置2:パラプラチン+タキソテール等(5) 副傷病なし 101 5.1 4.61 0.99 62.38
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 処置2なし 90 21.44 12.58 1.11 55.29
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン(7) 副傷病なし 85 2.92 4.52 0 58.13
12002xxx99x50x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン等(5) 副傷病なし 72 3.64 4.82 1.39 47.94
婦人科では、乳幼児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期と女性のすべてのライフステージにおける婦人科
臓器の腫瘍性疾患、不妊・内分泌疾患、婦人科領域の感染症、更年期・老年期の加齢に伴う疾患について、
同じく女性を診療する部門である周産期診療と密接に協力しつつ、女性に対する全人的診療ができるように努めて
います。

婦人科悪性腫瘍に対しては、手術、化学療法、放射線療法、化学放射線併用療法、免疫療法を総合的に
駆使し放射線診断・治療科、外科や病理部の協力を得て対応しています。患者様のQOLを第一に考え、特に骨盤
リンパ節郭清後に生じる下肢のむくみ(リンパ浮腫)に対して、リンパマッサージなどによる積極的な予防策を行い効果
を上げています。
また、術後の補助化学療法では外来化学療法センターでの外来治療を積極的に取り入れています。
さらに若年者においては将来妊娠・出産が可能であるように、他科の患者さんも含め、卵子や精子の凍結保存などの
妊孕性温存治療を行っています。妊娠中に判明した婦人科疾患については周産期分野のスタッフと密接に協力して
います。

昨年度多かった入院治療は、子宮頸・体部悪性腫瘍の化学療法(一回の入院3日程度)、卵巣・子宮附属器悪性
腫瘍の化学療法(カルボプラチン+ドセタキセル等)(一回の入院5日程度)、子宮頸・体部悪性腫瘍に対する子宮
悪性腫瘍手術(在院21日前後)、卵巣・子宮附属器悪性腫瘍に対する化学療法(その他)(一回の入院3日程度)、
子宮頸・体部悪性腫瘍の化学療法(ベバシズマブ等)(在院4日前後)となっております。
産婦人科(産科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
周産期医療(妊娠・分娩、合併症妊娠の管理)、および生殖医療(不妊症における人工授精・体外
受精胚移植・顕微授精)の領域について診療を行っています。 
周産期医療に関しては、当院は総合周産期母子医療センターの指定を受けており、新生児集中治療室
(NICU)、新生児治療回復室(GCU)、母体胎児集中治療管理室(MFICU)を備え、
小児科、小児外科などと連携して、24時間体制で高いリスクの妊婦さんや新生児の管理を行っています。

※産科のDPC診療データは本公表の集計対象外となっているデータが多く、昨年度集計対象データの
年間件数がすべてのDPCで10件未満であるため、表示を行っていません(-としています)。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節再置換術等 80 17.96 22.27 96.25 64.73
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節再置換術等 59 21.63 24.26 71.19 74.14
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 56 17.14 18.92 78.57 64.68
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術、前方椎体固定等 処置2なし 45 18.89 21.39 60 66.98
070341xx020xxx 脊柱管狭窄 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術、前方椎体固定等 処置1なし 38 17.76 20.71 57.89 65.76
整形外科は、骨、関節、筋肉、腱、神経などの運動器の病気や外傷の治療を行う診療科です。
対象患者様は新生児から高齢者まで広い年齢層にわたり、先天的な疾患、加齢に伴う疾患、
交通事故やスポーツによる外傷、腫瘍、炎症性疾患、代謝性疾患など、多種多様な疾患を
対象としています。

当科では、安全で高度な医療を提供するために、専門診療体制を整備し、それぞれの疾患ごとに専門医
が診療に当たっています。薬物治療や運動療法(リハビリテーション)などで効果が十分でない場合には、
手術が必要となることもありますが、当科では関節鏡や内視鏡、また顕微鏡などを使って患者様の負担がより
少ない手術法を選択し、なるべく早く日常生活やスポーツへの復帰ができるように心がけています。
また、他施設では扱われない骨・軟部悪性腫瘍や癌の骨転移、側彎症、病的低身長や脚長不同症に対する
脚延長などにも積極的に取り組んでいます。

昨年度多かった入院治療は、股関節骨頭壊死、股関節症に対する人工関節再置換術等(在院18日前後)、
膝関節症に対する人工関節置換術(在院22日前後)、四肢筋腱損傷に対する靱帯断裂形成手術等
(在院17日前後)、腰部骨盤の脊柱管狭窄に対する脊椎固定術・椎弓切除術・椎弓形成術・前方椎体固定等
(在院19日前後)、頸部の脊柱管狭窄に対する脊椎固定術・椎弓切除術・椎弓形成術・前方椎体固定等
(在院18日前後)となっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 処置2:レミケード(2) 157 2.01 2.86 0 55.54
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 処置2なし 副傷病なし 110 15.79 15.58 0 54.81
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 99 11.15 8.16 2.02 74.28
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 38 5.34 4.05 2.63 46.61
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 34 9.94 10.44 0 73.59
皮膚科では、皮膚病全般に対する診断のほか、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、日光過敏症、
老化に伴う皮膚病、強皮症などの膠原病、イボ、悪性黒色腫(メラノーマ)をはじめとする皮膚悪性腫瘍
などの診療を行っています。また、ナローバンドUVBを用いた尋常性乾癬、尋常性白斑(しろなまず)、
皮膚悪性リンパ腫の治療も行っています。

昨年度多かった入院治療は、炎症性角化症に対するレミケード治療(在院2日前後)、重篤な臓器病変を
伴う全身性自己免疫性疾患(全身性強皮症・皮膚筋炎性間質性肺炎・全身性エリテマトーデス等)の
検査入院(在院16日前後)、皮膚悪性腫瘍(黒色腫以外)切除術(在院11日前後)、
皮膚良性腫瘍切除術(在院5日前後)、皮膚悪性腫瘍(頬・口唇悪性腫瘍等)に対する手術
(在院10日前後)となっております。
形成外科(形成・再建科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 22 9.86 8.23 0 47.23
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし - - 4.05 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり - - 3.15 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
形成外科とは、先天的あるいは後天的な身体外表の形状・色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを
外科手技によって、機能はもとより形態解剖学的に正常(美形)にし、外見と機能の回復をはかる外科です。
広い意味で外科学に属する分野ですが、特に、なんらかの原因で失われた組織や臓器を「造る外科(再建
外科)」としてほかの外科と異なる特徴があります。これにより、精神的なハンディキャップの軽減も含め、「患者
様の社会復帰」と患者様の「生活の質(quality of life:QOL)の向上」を目指しています。

当科では腫瘍切除後の再建外科手術(乳房悪性腫瘍切除後の組織拡張器による再建手術
(在院10日前後)等)を中心として、皮膚の良性新生物、皮膚・皮下腫瘍摘出術、眼瞼下垂に対する
手術など、幅広い領域の治療を行っています。

(昨年度年間件数10件未満のDPCに係るデータは、表示を省略(-)しています。)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 550 3.71 2.84 0.18 72.09
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 308 6.61 8 0 69.28
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 160 11.19 9.75 0.63 56.86
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 その他の手術 処置1:水晶体再建術 処置2なし 155 7.44 7.05 0 70.91
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 120 10.66 7.52 0.83 58.81
眼科では、特に高度の手術技量と先進設備を必要とする失明性眼疾患である糖尿病網膜症、緑内障、
加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの治療に積極的に取り組んでおります。当科の手術の特徴は網膜
硝子体手術や緑内障手術の頻度が高いことが挙げられます。特に白内障手術との同時手術が多数施行
されております。
また最新の先進医療としては、硝子体手術における内視鏡手術や加齢黄斑変性症に対する光線力学
療法・抗VEGF療法、新しい薬物療法の開発などを導入してきました。

昨年度多かった入院治療は、白内障手術(在院4日前後)、緑内障手術(在院7日前後)、
網膜剥離に対する硝子体茎顕微鏡下離断術・水晶体再建術(在院11日前後)、
黄斑、後極変性に対する手術(在院7日前後)、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術(在院11日前後)
となっております。
耳鼻咽喉科(耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 65 6.25 8.29 3.08 44.65
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 56 16.7 13.57 8.93 67.61
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 37 6.43 7.37 0 59.03
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 36 61.56 36.03 44.44 65.14
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 31 11.06 10.07 25.81 64.74
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、鼻副鼻腔、耳、口腔咽頭、喉頭、頸部、甲状腺、唾液腺の様々な疾患に
対し、主に手術治療を中心に診療を行っています。
進行癌に対しては、放射線、抗癌剤、手術治療の組み合わせにより治療を行い、腫瘍摘出後は有茎皮弁
あるいは遊離皮弁を用いて形態機能再建を積極的に行っています。これらの悪性腫瘍手術に加えて、音声
外科、嚥下機能再建手術、中耳手術、人工内耳埋め込み手術など機能外科手術にも積極的に取り組んで
おります。

昨年度多かった入院治療は、慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫に対する鼓室形成術(在院6日前後)、
頭頸部悪性腫瘍手術(在院11~17日程度)、耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍に対する手術
(在院6日前後)、頭頸部悪性腫瘍化学療法・放射線治療(在院62日前後)、となっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 処置2なし 副傷病なし 64 19.17 21.16 28.13 55.14
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法 処置2なし 29 2.28 3.02 0 64.62
010070xx01x20x 脳血管障害 脳血管内手術等 処置2:SPECT等(2) 副傷病なし 25 19.24 19.29 12 34.28
010010xx9910xx 脳腫瘍 手術なし 処置1:動脈造影カテーテル法 処置2なし 21 3.71 4.81 4.76 58.76
100260xx9700xx 下垂体機能亢進症 その他の手術 処置1なし 処置2なし 20 13.8 17.16 0 54.35
脳神経外科では、慢性および突然の頭痛、嘔気、嘔吐、意識障害、性格変化、視力視野障害、聴力低下、
けいれん発作、痴呆、耳鳴り、めまい、四肢の麻痺、四肢のしびれ感、手・足のふるえ、歩行障害、パーキンソン病
の症状、排尿排便障害、片側顔面のピクツキ、顔面の発作性の激痛などの症状を有する疾患および生下時や
小児の脳脊髄の奇形・発達異常についての診断・治療を行っています。

昨年度多かった入院診療は、脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術(在院19日前後)、未破裂脳動脈瘤に対する
検査入院(在院4日前後)、脳血管障害(もやもや病、頚動脈狭窄・閉塞)に対する手術治療(在院19日前後)、
脳腫瘍に対する動脈造影カテーテル法による検査入院(在院2日前後)、下垂体機能亢進症に対する手術治療
(在院14日前後)となっております。
放射線診断科(画像診断・治療科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支ファイバースコピー等 処置2なし 191 2.97 3.43 1.05 68.17
100020xx99x5xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 処置2:タイロゲン(5) 25 8.04 8.78 4 61.12
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 14 2.93 2.67 0 60.14
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術 処置2なし 13 11.15 8.16 0 79.08
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 12 12.5 10.42 16.67 77.92
画像診断・治療科では、いわゆる生活習慣病、癌、血管の病気(脳卒中や心筋梗塞、大動脈瘤)をはじめ、
様々な病気の画像診断のほか、画像診断を治療に応用した低侵襲治療(Interventional radiology)
と呼ばれる新しい治療にも積極的に取り組んでおります。

昨年度多かった入院治療は、肺悪性腫瘍に対する経皮的針生検による検査入院(在院3日前後)、
甲状腺腫瘍に対する放射性ヨード内用療法(在院8日前後)、小腸・大腸良性疾患に対する
内視鏡的ポリープ・粘膜切除術(在院3日前後)、非破裂性大動脈瘤等に対する血管塞栓術
(在院11日前後)、肝・肝内胆管悪性腫瘍に対する血管塞栓術(在院13日前後)となっております。
放射線治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(2) - - 23.14 - -
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:放射線療法(2) - - 27.18 - -
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:タキソテール等(3) - - 14.55 - -
130030xx99x2xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:放射線療法(2) - - 28.28 - -
- - - - - - -
放射線治療科では、2機の高エネルギーX線照射装置(リニアック)を用い、多様な悪性腫瘍(がん)に
対する放射線治療を、総合的に行っています。
多くの症例に対して、三次元放射線治療を行っており、子宮頸がんや胆管がんに対する腔内照射も積極的に
行っています。
最新の診断画像と放射線照射技術を駆使して、放射線を病巣に高度に集中させ、可能な限り正常組織を
守る、高精度放射線治療を目指しています。
定位放射線治療(SRT)、強度変調放射線治療(IMRT)、呼吸同期照射、画像誘導放射線治療(IGRT)
を実践しています。

(昨年度年間件数10件未満のDPCの該当患者データは、表示を省略(ー)しています。)
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x1xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:中心静脈注射等(1) - - 25.15 - -
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 13.2 - -
010120xx99xxxx 特発性(単)ニューロパチー 手術なし - - 6.8 - -
060050xx99x40x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし - - 11.26 - -
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 副傷病なし - - 6.35 - -
麻酔科では年間5,800例のいろいろな手術の麻酔を実施しています。その経験をもとに、麻酔を安全に
実施できるかを手術前に診察いたします。

ペインクリニックでは、なぜ痛みが生じているのかをいろいろな方法(各種心理テスト、ドラッグチャレンジ試験
など)で調べ、交感神経・末梢神経を遮断する神経ブロック法、理学療法(電気鍼、レーザー照射)、薬物
療法などを用いて痛みを治療します。

(昨年度年間件数10件未満のDPCの該当患者データは、表示を省略(ー)しています。)
救急科(救急外来)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 20.92 - -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術なし 副傷病なし - - 19.61 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.1 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 7.35 - -
160720xx99xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 手術なし - - 16.4 - -
救急外来では、救急・総合診療部スタッフ医師に加えて、専門診療科からの応援医師によるシフト勤務で、
1年365日24時間体制で救急患者の診療を行っています。救急隊からのホットラインには各勤務帯の当番医師が
直接対応し患者受け入れの可否を決定します。対象は大学病院かかりつけの患者様のみならず初診の患者様も
含めて、軽傷から重傷まで幅広い傷病に対応して初期診療を行い,必要に応じて専門診療科に紹介し専門的な
治療をお願いしています。また、入院治療が必要な重症の患者様は、集中治療室(ICU)や高度治療室(HCU)に
収容し専門的で高度な医療を行っています。

(昨年度年間件数10件未満のDPCの該当患者データは、表示を省略(ー)しています。)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 105 29 15 31 59 33 1 8,7,6
大腸癌 39 36 40 45 49 55 1 8,7,6
乳癌 68 66 13 11 45 44 1 8,7,6
肺癌 199 24 86 131 118 137 1 8,7,6
肝癌 12 41 49 10 121 358 1 8,7,6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、全DPC対象入院患者のうち、約4割ががんの患者さんです。
このうち、5大癌について初発症例ステージ別件数及び再発症例件数を示しています。
当院では5大癌全ての癌に対する手術や化学療法、放射線治療を提供しています。
それぞれの癌の特徴は、以下のとおりです。

胃 癌 : StageⅠが最も多く初発の約44%を占めています。
それぞれ症状や進行に合わせた切除手術や化学療法を提供しています。

大腸癌 : StageⅣが最も多く初発の約22%を占めています。初期には侵襲の少ない内視鏡
手術に対応しており、そのほか進行度に合わせた切除術や化学療法等を提供しています。

乳 癌 : StageⅠが最も多く初発の約33%を占めています。進行度に合わせて切除範囲を調整し、
切除後の乳房の再建については形成・再建科と共同で対応しています。

肺 癌 :StageⅠが最も多く初発の約36%を占めています。続いてStageⅣが約23%を占めています。
初期には侵襲の少ない胸腔鏡手術に対応しており、そのほか進行度に合わせた切除術や
化学療法等を提供しています。
 
肝 癌 : StageⅢが最も多く約21%を占めています。進行度に合わせて血管塞栓術、
内視鏡手術、ラジオ波凝固療法、切除術や化学療法を提供しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 10.1 58.5
中等症 35 14.74 69.4
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎(*1)につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表示しています。
当院は特定機能病院であるため、合併症を抱えた患者さんや重症な患者さんに対して他科と共同して
高度な医療を提供することが可能です。

【統計に関する解説】
◇重症度分類は、A-DROPスコア(*2)を使用しています。
◇重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

*1 市中肺炎:通常の社会生活を送っている中で発症した肺炎です。
          通常はインフルエンザ等によるものも含みますが、本指標では対象外としています。
*2 5つのチェック項目の頭文字をつなげたものです。
  A-DROPスコア    
    Age(年齢)・・・男性70歳以上、女性75歳以上
    Dehydratuon(脱水)・・・BUN21mg/dL以上または脱水あり
    Respiration(酸素飽和度)・・・SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
    Orientation(意識障害)・・・意識障害あり
    Pressure(収縮期血圧)・・・収縮期血圧90mmHg以下
      
    ※1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点(5点満点)
    軽症   :上記指標のいずれも該当しないもの
    中等度 :上記指標の1つまたは2つ該当するもの
    重症   :上記指標の3つ該当するもの
    超重症 :上記指標の4つまたは5つ該当するもの(ただしショックがあれば1項目のみでも超重症とする)
   不明   :重症度分類の各因子が1つでも不明な場合
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 54 17.43 70.07 49.23
その他 11 16.27 59.91 7.69
脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表示しています。

脳梗塞は脳血管疾患も死亡原因の上位を占める疾患であり、早期に治療を開始することが効果的とされています。
当院では急性期脳梗塞に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の脳梗塞が8割以上を占めます。
発症から3日以内の患者さんの平均年齢は70歳以上であり、高齢の方が多くなっています。
平均20日間程度の入院期間に治療とリハビリを実施し、自宅等に退院するか、リハビリを専門とする病院に転院しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 168 0.7 1.34 0 64.24
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 等 117 1.85 8.98 4.27 71.44
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 88 1.73 5.23 0 69.36
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 81 1.64 5.44 0 72.8
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 等 41 1 2.15 2.44 65.61
消化器内科では、内視鏡的ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術
(ESD)、内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)、食道胃静
脈瘤硬化療法・結紮術等の先端的な内視鏡的治療、原発性肝癌に対するラジオ波焼灼術(RFA)、
肝動脈塞栓術等を実施しています。

昨年度実績では、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(2cm未満)が最も多く、入院期間は2日前後です。
次いで、血管塞栓術で、入院期間は10日前後です。
3番目は、内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)(6日前後)、そのほか、
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)(7日前後)、
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(2cm以上)(3日前後)です。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 等 15 8 2.6 6.67 56.4
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 11 7.36 11.09 0 58.64
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
血液内科では、白血病、悪性リンパ腫および多発性骨髄腫に対して、自家末梢血幹細胞移植、同種造血幹細胞
移植を実施しています。
昨年度実績では、造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植)が最も多く、入院期間は10日前後です。
次いで、抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) で、入院期間は18日前後です。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(ー)しています)
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 28 7.36 14.96 0 59.11
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 20 0.5 3.7 5 69.25
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
- - - - - - -
腎臓内科では高血圧、腎炎・ネフローゼ、腎不全、電解質異常など、腎疾患全般の専門総合診療を
担当しており、手術としては、透析や腹膜還流導入時のシャント設置等に対応しています。
昨年度実績では、内シャント又は外シャント設置術が最も多く、入院期間は22日前後です。
次いで、経皮的シャント拡張術・血栓除去術で、入院期間は4日前後です。
なお、上記の在院日数についてはシャント設置後の各種治療の日数が含まれています。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(ー)しています。)
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等 214 1.15 3.65 0.47 65.23
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 213 1.97 2.83 4.23 70.49
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 68 1.35 4.06 0 73.44
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 等 58 1.17 2.86 1.72 58.43
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 34 4.53 8.18 8.82 76.91
循環器内科では、特にカテーテル治療による狭心症・急性心筋梗塞、末梢動脈疾患の治療等を行っています。

昨年度実績では、経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの)が最も多く、
入院期間は4日前後です。
次いで、経皮的冠動脈ステント留置術で、入院期間は4日前後です。
3番目に、四肢の血管拡張術・血栓除去術で、入院期間は5日前後、そのほか、経皮的カテーテル心筋焼灼術
(その他のもの)(4日前後)、ペースメーカー移植術(12日前後)です。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 14 0.14 10.71 78.57 75.36
K386 気管切開術 - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
脳神経内科では、家族性アミロイドポリニューロパチー、脳梗塞、運動ニューロン疾患、てんかん、片頭痛、
パーキンソン病、アルツハイマー病、脳炎・髄膜炎、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性筋炎のほか、
甲状腺疾患、膠原病、糖尿病などの一般内科疾患に伴う神経合併症などの診断と治療を行っています。
内科的治療が中心となりますが、必要に応じて経皮的脳血栓回収術や大静脈フィルター留置、頸動脈
ステント留置術等の手術を外科と連携して対応しております。
昨年度実績では、経皮的脳血栓回収術が最も多く、入院期間は10日前後です。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(ー)しています)
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のもの 40 4.6 17.43 87.5 74.22
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの 36 5.94 20.69 80.56 71.58
K5541 弁形成術 1弁のもの 27 3.41 15.19 77.78 61.41
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 21 2.14 16.1 47.62 71.52
K5761 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの 20 2 12.15 0 3.25
心臓血管外科では、狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈バイパス手術では、人工心肺を使用しない
心拍動下バイパス術を積極的に行い早期退院、早期社会復帰に努めています。 
また、心臓弁膜症に対する自己弁を温存する弁形成術や患者様の生活スタイルに合った人工弁置換術や、
胸部大動脈瘤に対するステント付き人工血管を用いた外科手術や低侵襲血管内治療、腹部大動脈瘤や
末梢動脈瘤に対する人工血管置換術や低侵襲血管内治療、動脈閉塞症に対するバイパス手術など、最新の
知見に基づいた治療を行っています。

昨年度実績では、弁置換術 1弁のものが最も多く、入院期間は22日前後です。
次いで、冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの)で、
入院期間は26日前後です。
3番目に、弁形成術 1弁のもので、入院期間は18日前後、このほか、腹部大動脈瘤切除術(分枝血管の
再建を伴うもの)(18日前後)、心室中隔欠損閉鎖術(単独のもの)(14日前後)等があります。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 152 2.63 8.15 2.63 69.03
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 49 2.37 5.37 4.08 64.92
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 36 2.17 7.28 8.33 67.33
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 19 4.21 11.74 5.26 68.63
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 19 2 3.79 0 59.89
呼吸器外科では年間300例以上の肺あるいは縦隔の手術を行っており、その50% を胸腔鏡という
内視鏡を用いることにより手術によるダメージを少なくし、痛みを軽減しています。

昨年度実績では、胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術が最も多く、肺葉切除又は1肺葉を超えるものが
入院期間10日前後、部分切除が7日前後、区域切除が9日前後です。
次いで、肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)で15日前後、
胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術では5日前後の入院期間となっています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 等 99 1.62 7.38 3.03 74.05
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術 頸部、胸部、腹部の操作によるもの 等 65 4.65 27.42 46.15 66.05
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 64 3.56 10.72 4.69 67.03
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 5.29 8.71 12.5 68.17
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 47 4.28 12.53 21.28 71
消化器外科では、食道癌、胃癌、大腸癌に対してはその進行度に応じて内視鏡的粘膜切除、
鏡視下手術、拡大手術を行っています。
肝癌の治療では肝切除術、鏡視下手術、ラジオ波凝固療法、肝動脈化学塞栓療法を癌の進行度と
肝予備能の両面から適切に選択しています。
難治癌である膵癌・胆道癌に対しては、厳密な術前評価のもと、積極的でかつ安全な切除を行って
います。

昨年度実績では、肝癌に対する血管塞栓術が最も多く、入院期間は9日前後です。
次いで、胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術で、入院期間は32日前後です。
3番目は、化学療法実施のための抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用カテーテル挿入で、入院期間は
化学療法の実施の期間、このほか、内視鏡的胆道ステント留置術(14日前後)、
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術(16日前後)等があります。
乳腺外科(乳腺・内分泌外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 76 1.95 6.8 5.26 61.24
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 73 1.7 4.49 1.37 65.53
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 44 1.2 4.43 0 57.34
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 32 1.72 7.25 9.38 59.03
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術 全摘及び亜全摘 19 0.95 5.21 5.26 53.16
乳腺内分泌外科では、特に乳癌について根治性を損なわないように手術療法を縮小化する方向
にあり、整容性にすぐれた乳房温存手術とセンチネル(見張り)リンパ生検による腋窩リンパ節郭清の
省略が可能です。

昨年度実績では、乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)が最も多く、
入院期間は8日前後、同 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)(6日前後)、
同 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの・胸筋切除を併施しないもの)(8日前後)です。
このほか、甲状腺悪性腫瘍手術は、切除術(5日前後)、全摘・亜全摘が(6日前後)です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 等 21 0 28.76 33.33 0
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 14 0 66.57 14.29 0
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 12 28.42 195.08 16.67 6
- - - - - - -
- - - - - - -
小児科においては、新生児仮死に対して仮死蘇生術を行い、術後はNICUやGCUにて継続的な
治療を提供しています。
また、仮死蘇生術以外にも抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
(入院期間223日前後)等の手術を行っております。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(ー)しています。)
移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K686 内視鏡的胆道拡張術 21 3.86 7.76 0 54.29
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K6331 ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
移植外科では、主に成人・小児のいずれも対象とした生体肝移植を年間20例以上実施しております。
(ただし、「病院情報の公表」上では移植手術は集計対象外のため、移植以外の項目で計上しております)

昨年度は、内視鏡的胆道拡張術21例(入院期間11日程度)等を実施しています。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(ー)しています。)
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 35 0.94 1.06 0 4.43
K836 停留精巣固定術 16 1 1 0 3.5
K686 内視鏡的胆道拡張術 11 1.64 3.55 0 51.55
- - - - - - -
- - - - - - -
小児外科では、そけいヘルニア、臍ヘルニア、小児の虫垂炎、小児肝胆道系疾患、小児がんと言われる
小児の悪性腫瘍の外科手術のほか肝移植にも対応しています。

昨年度実績では、ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)が最も多く、入院期間は2日前後です。
次いで停留精巣固定術(2日前後)、内視鏡的胆道拡張術(5日前後)となっています。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(ー)しています。)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 76 1.66 5.14 3.95 74.5
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 67 2.22 10.37 0 67.06
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 33 2.61 9.27 15.15 71.03
K754-2 腹腔鏡下副腎摘出術 23 2.04 6.09 0 53.65
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 20 1.05 2.3 0 66.45
泌尿器科では、前立腺癌に対して、年齢・性機能・病理結果・病期(ステージ)等に応じて、
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RARP)(リンパ節郭清、性機能温存・非温存)を実施しています。
腎癌に対しては、腎癌に対しては、低侵襲治療として腹腔鏡下手術はもちろんのこと、小径腎癌に対しては、
根治性を損なわずに機能温存にも配慮したロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術(RAPN)を行っています。
浸潤性膀胱癌に対しては積極的に腹腔鏡下膀胱全摘出を行い、2018年度からはロボット支援腹腔鏡下膀胱
全摘出術(RARC)も開始しています。腎盂尿管癌に対しては、低侵襲治療として腹腔鏡下及び後腹膜腔鏡下
腎尿管全摘術を積極的に行っています。

昨年度実績では、経尿道的膀胱悪性腫瘍手術(電解質溶液利用のもの)が最も多く、入院期間は
7日前後です。
次いで、腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(ロボット支援下)で、入院期間は13日前後です。
そのほか、腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術(12日前後)、腹腔鏡下副腎摘出術(8日前後)、
経尿道的尿管ステント留置術(3日前後)等があります。
産婦人科(婦人科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 84 1.5 24.05 1.19 54.61
K877 子宮全摘術 56 1.75 9.7 3.57 52.41
K867 子宮頸部(腟部)切除術 56 0.39 1.02 0 39.27
K861 子宮内膜掻爬術 40 0.4 1.03 0 44.58
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術 腹式 36 1.06 9.72 0 37.92
婦人科では、婦人科悪性腫瘍に対しては、手術、化学療法、放射線療法、化学放射線併用療法、
免疫療法を総合的に駆使し放射線診断・治療科、外科や病理部の協力を得て対応しています。
患者様のQOLを第一に考え、特に骨盤リンパ節郭清後に生じる下肢のむくみ(リンパ浮腫)に対して、
リンパマッサージなどによる積極的な予防策を行い効果を上げています。さらに若年者においては将来妊娠・
出産が可能であるように妊孕性の温存を考慮した治療を行っております。
昨年度実績では、子宮頸部(腟部)切除術が最も多く、入院期間は2日前後です。
次いで、子宮全摘術(11日前後)、子宮頸部(膣部)切除術(2日前後)です。
このほか、子宮内膜掻爬術(2日前後)、子宮筋腫摘出(核出)術(11日前後)があります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 140 2.94 16.03 85 68.09
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術 簡単なもの 57 1.61 14.49 78.95 64.19
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 等 56 2.32 18.34 62.5 66.05
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 等 50 2.32 12.6 52 68.28
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 等 25 1.24 1.84 0 55.48
整形外科では、安全で高度な医療を提供するために、専門診療体制を整備し、それぞれの疾患ごとに専門医
が診療に当たっています。薬物治療や運動療法(リハビリテーション)などで効果が十分でない場合には、
手術が必要となることもありますが、当科では関節鏡や内視鏡、また顕微鏡などを使って患者様の負担がより
少ない手術法を選択し、なるべく早く日常生活やスポーツへの復帰ができるように心がけています。
また、他施設では扱われない骨・軟部悪性腫瘍や癌の骨転移、側彎症、病的低身長や脚長不同症に対する
脚延長などにも積極的に取り組んでいます。

昨年度実績では、膝関節・股関節の人工関節置換術が最も多く、入院期間は19日前後です。
次いで、関節鏡下肩腱板断裂手術で、入院期間は16日前後です。
このほか、腰部・頸部の脊椎固定術(後方椎体固定等)(21日前後)、腰部・頸部の椎弓切除術等
(15日前後)、四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(3日前後)等があります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 118 1.32 8.68 0.85 73.46
K424 頬悪性腫瘍手術 27 1.81 7.15 0 73.22
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 22 1.73 2.82 4.55 49.41
K293 耳介悪性腫瘍手術 12 2 9.17 0 82.83
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 等 11 1.18 4.27 0 36
皮膚科では、主に皮膚悪性腫瘍の切除や皮膚、皮下腫瘍の摘出等の手術を行っています。

昨年度実績では、皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)が最も多く、入院期間は10日前後です。
次いで、頬悪性腫瘍手術で、入院期間は9日前後です。
このほか、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)長径2センチメートル未満(5日前後)、
耳介悪性腫瘍手術(11日前後)、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)長径4センチメートル以上
(5日前後)等があります。
形成外科(形成・再建科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 16 1.63 6.13 0 45.56
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 - - - - -
K0221 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - - - - -
K0842 四肢切断術 指(手、足) - - - - -
形成・再建科では腫瘍切除後の再建外科手術(乳房悪性腫瘍切除後の組織拡張器による再建手術等)を
中心として、皮膚の良性新生物、皮膚・皮下腫瘍摘出術、眼瞼下垂に対する手術など、幅広い領域の治療を
行っています。

昨年度実績では、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) が最も多く、入院期間は
8日前後です。
そのほか、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)長径4センチメートル以上、組織拡張器による再建手術
(乳房(再建手術)の場合)、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)長径3センチメートル以上6センチメートル未満、
四肢切断術(指(手、足))等があります。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(-)しています。)
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 506 1.08 1.24 0.2 71.74
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 470 1.33 8 1.49 65.49
K2682 緑内障手術 流出路再建術 129 1.02 3.43 0 71.15
K2683 緑内障手術 濾過手術 61 1.23 8.92 0 67.54
K279 硝子体切除術 58 1.03 9.57 0 62.47
眼科の手術の特徴は網膜硝子体手術や緑内障手術の頻度が高いことが挙げられます。
特に白内障手術との同時手術が多数施行されております。

昨年度実績では、水晶体再建術 眼内レンズ挿入術が最も多く、入院期間は2日前後となっております。
次いで、硝子体茎顕微鏡下離断術が多く、9日前後の入院となっております。
このほか、緑内障手術 流出路再建術(4日前後)、同 濾過手術(10日前後)、硝子体切除術 (11日前後)
等があります。
耳鼻咽喉科(耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術 46 1.07 4.24 0 40.59
K3192 鼓室形成手術 耳小骨再建術 等 23 1.09 4.65 8.7 51.3
K386 気管切開術 22 3.14 23.68 77.27 74.18
K374 咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む。) 19 1.32 9.21 5.26 71.63
K4691 頸部郭清術 片側 等 19 1.63 10.05 0 66.47
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、進行癌に対して、放射線、抗癌剤、手術治療の組み合わせにより治療を
行い、腫瘍摘出後は有茎皮弁あるいは遊離皮弁を用いて形態機能再建を積極的に行っています。
これらの悪性腫瘍手術に加えて、音声外科、嚥下機能再建手術、中耳手術、人工内耳埋め込み手術など
機能外科手術にも積極的に取り組んでおります。

昨年度実績では、鼓室形成手術(耳小骨温存術、耳小骨再建術等)が最も多く、入院期間は6日前後です。
次いで、期間切開術で、入院期間は27日前後です。
そのほか、咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む)(11日前後)や頸部郭清術 片側等(12日前後)
等があります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 等 92 5.33 21.78 31.52 53.65
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術 下垂体腫瘍 等 32 2.38 11.03 3.13 55.09
K6101 動脈形成術、吻合術 頭蓋内動脈 等 25 2.12 18.64 20 34.44
K154-3 定位脳腫瘍生検術 14 7.14 44.07 50 64.43
K171-22 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術 頭蓋底脳腫瘍(下垂体腫瘍を除く。) 等 13 3.85 14.85 23.08 62.62
脳神経外科では、慢性および突然の頭痛、嘔気、嘔吐、意識障害、性格変化、視力視野障害、聴力低下、
けいれん発作、痴呆、耳鳴り、めまい、四肢の麻痺、四肢のしびれ感、手・足のふるえ、歩行障害、パーキンソン病
の症状、排尿排便障害、片側顔面のピクツキ、顔面の発作性の激痛などの症状を有する疾患および生下時や
小児の脳脊髄の奇形・発達異常についての診断・治療を行っており、これらの疾患に対する手術を実施しています。

昨年度実績では、頭蓋内腫瘍摘出術が最も多く、入院期間は27日前後です。
次いで、内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術で、入院期間は13日前後です。
このほか、頭蓋内動脈形成術、吻合術等(21日前後)、定位脳腫瘍生検術(51日前後)、
頭蓋内微小血管減圧術(17日前後)等があります。
放射線診断科(画像診断・治療科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 等 38 3.92 6.34 5.26 71.63
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 等 14 2.79 8.36 14.29 75.64
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 11 0.91 1 0 60.91
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの) 11 2.18 6.18 0 68.91
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 - - - - -
画像診断・治療科おいては、画像診断を治療に応用した低侵襲治療(Interventional radiology)
と呼ばれる新しい治療にも積極的に取り組んでおります。

昨年度実績では、血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)が最も多く、選択的動脈化学塞栓術が
入院期間11日前後、その他のものが10日前後となっています。
このほか、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)(2日前後)、腎腫瘍凝固・焼灼術
(冷凍凝固によるもの)(8日前後)等があります。

(昨年度年間実績件数が10件未満の場合は、表示を省略(-)しています。)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 20 0.12
180010 敗血症 同一 11 0.07
異なる 13 0.08
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 79 0.47
異なる - -
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集計しています。

【集計内容に関する解説】
◇「入院契機」とは
 DPCコードで分類される包括請求の対象となる病名(DPC病名)とは別に、入院の契機となった病名(入院契機病名)が
入院患者さんに付けられています。
この集計では、DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」かにより分けて集計しています。
   「同一」 ・・・DPC病名、入院契機病名とも「播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症」
   「異なる」・・・DPC病名は「播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症」だが、
          入院の契機となったのは異なる疾患
◇発生率
 全DPC退院症例のうち、上記のDPC病名で入院費が請求された症例の割合です。

【手術・処置等の合併症の内訳】
 ◇術後感染症など、手術に関連する合併症 53件
 ◇シャントトラブルなど、透析に関連する合併症 31件
 ◇薬剤の副作用による合併症 2件
 ◇カテーテルポートの閉塞・破損など、処置に関連する合併症 2件
更新履歴
R1.10.1
平成30年度 熊本大学病院 病院指標を公開しました。